広島1位中村 丸刈り頭が示す「トリプルスリー」の可能性

公開日: 更新日:

 高校野球を引退したというのに、青々とした丸刈り頭。ここに覚悟が見て取れる。

 今夏の甲子園で史上最多の6本塁打を放った捕手の中村奨成(18=広陵)は、中日との競合の末、相思相愛といわれた地元の広島が交渉権を獲得。「内心、とってくれると思っていた。ニヤけたかったけど、満足していると思われてもいけない」と、控えめに喜んだ。早々に1位指名を表明していた松田オーナーも「ホッとした。(競合した)中日には控室で『何をするんや』と言ったんだ(笑い)」と安堵していた。

 広島は、正捕手の会沢(29)、大ベテランの石原(38)、さらに昨年ドラフト4位の坂倉(19=日大三)が攻守で高い評価を得るなど捕手層が厚い。球団は強肩強打で足もある中村を内野にコンバートするプランも温めているようだが、本人は「捕手一筋でやってきた。プロに入っても何としてでも捕手でやりたい」とキッパリ。「新人王をとりたい。トリプルスリーを狙いたい」と口にした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

  10. 10

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

もっと見る