広島1位中村 丸刈り頭が示す「トリプルスリー」の可能性

公開日:

 高校野球を引退したというのに、青々とした丸刈り頭。ここに覚悟が見て取れる。

 今夏の甲子園で史上最多の6本塁打を放った捕手の中村奨成(18=広陵)は、中日との競合の末、相思相愛といわれた地元の広島が交渉権を獲得。「内心、とってくれると思っていた。ニヤけたかったけど、満足していると思われてもいけない」と、控えめに喜んだ。早々に1位指名を表明していた松田オーナーも「ホッとした。(競合した)中日には控室で『何をするんや』と言ったんだ(笑い)」と安堵していた。

 広島は、正捕手の会沢(29)、大ベテランの石原(38)、さらに昨年ドラフト4位の坂倉(19=日大三)が攻守で高い評価を得るなど捕手層が厚い。球団は強肩強打で足もある中村を内野にコンバートするプランも温めているようだが、本人は「捕手一筋でやってきた。プロに入っても何としてでも捕手でやりたい」とキッパリ。「新人王をとりたい。トリプルスリーを狙いたい」と口にした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  10. 10

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

もっと見る