DeNA日本シリーズ連敗で聞こえてくるNPBの“不安と安堵”

公開日: 更新日:

 本塁でのビデオ判定が明暗を分けた。

 29日の日本シリーズ第2戦。DeNAの3―1で迎えた、七回のソフトバンクの攻撃だった。

 柳田の適時打で1点を返し、2死満塁と好機を広げた場面。ここで5番・中村の鋭い打球が一、二塁間を割った。三塁走者の柳田が生還して同点。二塁走者の今宮も本塁を突いたが、クロスプレーの判定は「アウト」とされた。

 セーフでしょう! とベンチを飛び出した工藤監督の要請でリプレー検証を行っている間、テレビ局の中継ではさまざまな角度から捉えた問題のシーンの映像が繰り返し流されたが、「スローで見ても容易に判別できない極めて微妙なプレー。この場合、当初の球審のアウト判定が尊重される結果になるのが普通でしょう」とは、球界OB。

 が、長い協議の末に判定が覆り、ソフトバンクが勝ち越した。一塁側ベンチと右翼スタンドが大いに沸く中、「NPBの不安を審判団が忖度したか」と言ったのは、別の球界関係者である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神戸大大学院教授木村幹氏 日韓関係はICJ提訴で諮ればいい

  2. 2

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  3. 3

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  4. 4

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  5. 5

    ユースケ・サンタマリア起用に見え隠れする現場の「意地」

  6. 6

    今年のCOTYはトヨタRAV4 その意味を一度考えてみてほしい

  7. 7

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  8. 8

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  9. 9

    元陸自・ラファエルが語る「時給日本一のYouTuber」仕事術

  10. 10

    北朝鮮が「重大実験」発表 米との対立再燃“Xデー”は2.16か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る