痛み止め飲みプレー ソフトBの日本S連勝は柳田が牽引

公開日: 更新日:

 地元福岡で2連勝し、敵地横浜に乗り込んだソフトバンク。30日の練習は余裕の表れなのか、終始、和気あいあいムードだった。寒風吹きすさぶ中、守護神のサファテがノースリーブで周囲を驚かせれば、対抗したのか川島も半袖姿で登場。さらに達川バッテリーコーチはマスクと防具をつけ、やや腰を気にしながらバッティングキャッチャーを務めた。

 これには球団スタッフも「達川さんがバッキャをするなんて、見たことがない」と、目を白黒させていたほどだ。

 2連勝の勢いもあるだろうが、何よりチームを乗せているのが柳田悠岐(29)の存在だという。

 9月下旬に右脇腹を痛めて戦線離脱。一時はバットも満足に振れず、ポストシーズンでの復帰も不可能ではないか、といわれていた。それが10月22日の楽天とのCSファイナル5戦目に「1番・中堅」で電撃復帰。初回、いきなり得点につながるヒットを打つなど、4打数2安打1打点と活躍し、日本シリーズ出場に貢献した。

「当時はぶっつけ本番もいいところ。右脇腹は完治しておらず、実際、痛み止めを飲みながらプレーしていたそうです。これでチームは勢いに乗った。ナインも『無理をしてまで復帰した柳田のためにも』と、結束が生まれた」

 とは球団OBだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神戸大大学院教授木村幹氏 日韓関係はICJ提訴で諮ればいい

  2. 2

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  3. 3

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  4. 4

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  5. 5

    ユースケ・サンタマリア起用に見え隠れする現場の「意地」

  6. 6

    今年のCOTYはトヨタRAV4 その意味を一度考えてみてほしい

  7. 7

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  8. 8

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  9. 9

    元陸自・ラファエルが語る「時給日本一のYouTuber」仕事術

  10. 10

    北朝鮮が「重大実験」発表 米との対立再燃“Xデー”は2.16か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る