痛み止め飲みプレー ソフトBの日本S連勝は柳田が牽引

公開日: 更新日:

 地元福岡で2連勝し、敵地横浜に乗り込んだソフトバンク。30日の練習は余裕の表れなのか、終始、和気あいあいムードだった。寒風吹きすさぶ中、守護神のサファテがノースリーブで周囲を驚かせれば、対抗したのか川島も半袖姿で登場。さらに達川バッテリーコーチはマスクと防具をつけ、やや腰を気にしながらバッティングキャッチャーを務めた。

 これには球団スタッフも「達川さんがバッキャをするなんて、見たことがない」と、目を白黒させていたほどだ。

 2連勝の勢いもあるだろうが、何よりチームを乗せているのが柳田悠岐(29)の存在だという。

 9月下旬に右脇腹を痛めて戦線離脱。一時はバットも満足に振れず、ポストシーズンでの復帰も不可能ではないか、といわれていた。それが10月22日の楽天とのCSファイナル5戦目に「1番・中堅」で電撃復帰。初回、いきなり得点につながるヒットを打つなど、4打数2安打1打点と活躍し、日本シリーズ出場に貢献した。

「当時はぶっつけ本番もいいところ。右脇腹は完治しておらず、実際、痛み止めを飲みながらプレーしていたそうです。これでチームは勢いに乗った。ナインも『無理をしてまで復帰した柳田のためにも』と、結束が生まれた」

 とは球団OBだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  8. 8

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る