痛み止め飲みプレー ソフトBの日本S連勝は柳田が牽引

公開日:

 地元福岡で2連勝し、敵地横浜に乗り込んだソフトバンク。30日の練習は余裕の表れなのか、終始、和気あいあいムードだった。寒風吹きすさぶ中、守護神のサファテがノースリーブで周囲を驚かせれば、対抗したのか川島も半袖姿で登場。さらに達川バッテリーコーチはマスクと防具をつけ、やや腰を気にしながらバッティングキャッチャーを務めた。

 これには球団スタッフも「達川さんがバッキャをするなんて、見たことがない」と、目を白黒させていたほどだ。

 2連勝の勢いもあるだろうが、何よりチームを乗せているのが柳田悠岐(29)の存在だという。

 9月下旬に右脇腹を痛めて戦線離脱。一時はバットも満足に振れず、ポストシーズンでの復帰も不可能ではないか、といわれていた。それが10月22日の楽天とのCSファイナル5戦目に「1番・中堅」で電撃復帰。初回、いきなり得点につながるヒットを打つなど、4打数2安打1打点と活躍し、日本シリーズ出場に貢献した。

「当時はぶっつけ本番もいいところ。右脇腹は完治しておらず、実際、痛み止めを飲みながらプレーしていたそうです。これでチームは勢いに乗った。ナインも『無理をしてまで復帰した柳田のためにも』と、結束が生まれた」

 とは球団OBだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る