先発に中継ぎにフル回転 ベイ今永は「カーショーが理想」

公開日: 更新日:

 連敗スタートのDeNA。19年ぶりの日本シリーズは、ほとんどの選手にとって初体験。初戦に先発した井納が悔しさを隠し切れず、利き手でマウンドを叩いたことを振り返り、「とっさにやってしまった。あそこまで感情が表に出てしまったのは初めて。(日本シリーズは)普段と違うと感じた」とこぼしたように、常勝球団にはない雰囲気も漂っている。

 そんな中、2戦目に先発、CSファイナルステージ第4戦では七回から2イニングをパーフェクトに抑えた今永昇太(24)は30日、こう言った。

「またリリーフで投げる可能性はゼロじゃない。そうなれば、いつでもいけるようにしっかり準備したい」

 試合の展開次第では、中継ぎもしくは第6戦に先発する可能性もある。

 本人によれば、テレビや動画サイトで大リーグのワールドシリーズをチェックしているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  2. 2

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  3. 3

    加計問題の“守護神”柳瀬氏 今度はJBICに悠々自適の天下り

  4. 4

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  5. 5

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  6. 6

    「桜を見る会」私物化を白状 下関市長の歪んだ“特権意識”

  7. 7

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  8. 8

    安倍政権の逃げ切りを許せば、日本の民主主義の未来はない

  9. 9

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  10. 10

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る