ソフトB連勝 “悩めるタマネギくん”中村晃が殊勲の逆転打

公開日:

「まだヒットを一本も打ってなかったんで、そろそろ出るかなと。ファンの大声援もあったので、絶対に打てると思った」

 その丸顔からチーム内で「タマネギ」と呼ばれている中村晃外野手(27)が、お立ち台で喜びを口にした。

 1点ビハインドの七回、2死満塁の場面で右翼前に痛烈な逆転2点適時打を放った。今シリーズ初ヒットが殊勲打となった中村。2014年に最多安打(176本)を放ったバットマンだが、今季はその打撃に悩んだ。

 ある球団関係者は「こと打撃に関しては妥協を許さない性格がアダになった」と、こう話す。

「チームでは長谷川と肩を並べる求道者タイプ。13年から3年連続で打率3割をマークしていたが、昨季は.287。これが本人には納得がいかなかったようで、開幕してからも『なんで3割打てなかったのか?』と悩み、打撃フォームのマイナーチェンジを繰り返していた。結局、今季は.270で終わり、オフは例年以上にバットを振り込むでしょう。それでも、高卒新人時代から対戦相手はおろか、自軍をも驚かせてきた打撃センスと選球眼は健在です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  7. 7

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る