ソフトB連勝 “悩めるタマネギくん”中村晃が殊勲の逆転打

公開日:

「まだヒットを一本も打ってなかったんで、そろそろ出るかなと。ファンの大声援もあったので、絶対に打てると思った」

 その丸顔からチーム内で「タマネギ」と呼ばれている中村晃外野手(27)が、お立ち台で喜びを口にした。

 1点ビハインドの七回、2死満塁の場面で右翼前に痛烈な逆転2点適時打を放った。今シリーズ初ヒットが殊勲打となった中村。2014年に最多安打(176本)を放ったバットマンだが、今季はその打撃に悩んだ。

 ある球団関係者は「こと打撃に関しては妥協を許さない性格がアダになった」と、こう話す。

「チームでは長谷川と肩を並べる求道者タイプ。13年から3年連続で打率3割をマークしていたが、昨季は.287。これが本人には納得がいかなかったようで、開幕してからも『なんで3割打てなかったのか?』と悩み、打撃フォームのマイナーチェンジを繰り返していた。結局、今季は.270で終わり、オフは例年以上にバットを振り込むでしょう。それでも、高卒新人時代から対戦相手はおろか、自軍をも驚かせてきた打撃センスと選球眼は健在です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る