ソフトB連勝 “悩めるタマネギくん”中村晃が殊勲の逆転打

公開日: 更新日:

「まだヒットを一本も打ってなかったんで、そろそろ出るかなと。ファンの大声援もあったので、絶対に打てると思った」

 その丸顔からチーム内で「タマネギ」と呼ばれている中村晃外野手(27)が、お立ち台で喜びを口にした。

 1点ビハインドの七回、2死満塁の場面で右翼前に痛烈な逆転2点適時打を放った。今シリーズ初ヒットが殊勲打となった中村。2014年に最多安打(176本)を放ったバットマンだが、今季はその打撃に悩んだ。

 ある球団関係者は「こと打撃に関しては妥協を許さない性格がアダになった」と、こう話す。

「チームでは長谷川と肩を並べる求道者タイプ。13年から3年連続で打率3割をマークしていたが、昨季は.287。これが本人には納得がいかなかったようで、開幕してからも『なんで3割打てなかったのか?』と悩み、打撃フォームのマイナーチェンジを繰り返していた。結局、今季は.270で終わり、オフは例年以上にバットを振り込むでしょう。それでも、高卒新人時代から対戦相手はおろか、自軍をも驚かせてきた打撃センスと選球眼は健在です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  7. 7

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  8. 8

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る