• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日本人いない球団希望 大谷“二刀流”への固執と開拓者精神

「どう進展していくかはこれからだ。伝えるべきことは伝える」

 13日(日本時間14日)、米フロリダ州オーランドでGMミーティングがスタート。入札制度(ポスティングシステム)でメジャー挑戦する大谷翔平(23)の代理人を務めるネズ・バレロ氏は12日に現地入りし、報道陣にこう言った。

 ドジャースからFAになったダルビッシュ有(31)の代理人であるジョエル・ウルフ氏も12日に会場入りした。

 ポスティングでメジャー挑戦する大谷と、FAになったダル。米球界も注目する2人の去就が実は、深く関係しているという。

「大谷の希望は二刀流による育成が可能で、なおかつ日本人選手のいない球団だと聞いている。となると、ダルを取りにいく球団はおのずと大谷の選択肢から外れるのではないか」と、さる西海岸の代理人関係者がこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る