大谷の米移籍容認 日ハムが受け取る譲渡金23億円の行方

公開日:

「メジャーで世界一になるという、入団する前からの夢へ背中を押したい。ポスティングを承諾する結論に至りました」(竹田球団社長)

 10日、日本ハムが大谷翔平(23)のポスティングによるメジャー挑戦を容認することを発表した。同日、竹田球団社長、栗山監督らが大谷と都内で会談し、正式決定した。

 ポスティングシステムは先月末をもって失効し、現在、日米間で協議が行われている。しかし来年10月31日までの1年間は「旧制度」の継続が決定的。日本ハムは最高2000万ドル(23億円)の譲渡金をメジャー球団から得ることになる。

■代役の補強はあるか?

 そうなると、気になるのはこの「23億円」の使い道だ。「税金で半分くらい持っていかれる」(関係者)というから、10億円超は球団に入る計算になる。何よりチームにとって、投打の二刀流で活躍した大谷流出による戦力ダウンは必至。その穴埋めとして、メジャーから大物助っ人を獲得するなど、補強に期待するファンもいるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る