二刀流希望の大谷 渡米してから稼ぐマイナー契約は大正解

公開日:

 11日に今オフのメジャー挑戦を表明した大谷翔平(23)について、米メディアの多くは「意外」という受け止め方だった。

 大リーグの新労使協定で、25歳未満の海外選手と契約する際に使える金額が制限された。そのため大谷はマイナー契約しか結べない。25歳まであと2年待てば200億円とも300億円ともいわれる金額が手に入るのに、なぜ、いま移籍するのか――とクビをひねっているのだ。「2年後の挑戦を勧める代理人もいる」とスポーツ専門局ESPN(電子版)が報じれば、CBSスポーツ(電子版)は「彼が最も優先するのはカネではない」と書いた。

 大谷はかつて、メジャー移籍に関して「おカネじゃない」と言った。11日の会見では、発言がより具体的になった。二刀流に関して「もう自分だけのものではない」と話し、「自分は足りない部分の方が多い。もっと磨きたいし、そういう環境に自分を置きたい。そこに適している球団に行きたい」と言った。メジャーでも二刀流にはこだわりたいし、自分を磨ける球団、育成に理解のあるチームに行きたいということだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る