二刀流希望の大谷 渡米してから稼ぐマイナー契約は大正解

公開日: 更新日:

 11日に今オフのメジャー挑戦を表明した大谷翔平(23)について、米メディアの多くは「意外」という受け止め方だった。

 大リーグの新労使協定で、25歳未満の海外選手と契約する際に使える金額が制限された。そのため大谷はマイナー契約しか結べない。25歳まであと2年待てば200億円とも300億円ともいわれる金額が手に入るのに、なぜ、いま移籍するのか――とクビをひねっているのだ。「2年後の挑戦を勧める代理人もいる」とスポーツ専門局ESPN(電子版)が報じれば、CBSスポーツ(電子版)は「彼が最も優先するのはカネではない」と書いた。

 大谷はかつて、メジャー移籍に関して「おカネじゃない」と言った。11日の会見では、発言がより具体的になった。二刀流に関して「もう自分だけのものではない」と話し、「自分は足りない部分の方が多い。もっと磨きたいし、そういう環境に自分を置きたい。そこに適している球団に行きたい」と言った。メジャーでも二刀流にはこだわりたいし、自分を磨ける球団、育成に理解のあるチームに行きたいということだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神戸大大学院教授木村幹氏 日韓関係はICJ提訴で諮ればいい

  2. 2

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  3. 3

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  4. 4

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  5. 5

    ユースケ・サンタマリア起用に見え隠れする現場の「意地」

  6. 6

    今年のCOTYはトヨタRAV4 その意味を一度考えてみてほしい

  7. 7

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  8. 8

    北朝鮮が「重大実験」発表 米との対立再燃“Xデー”は2.16か

  9. 9

    元陸自・ラファエルが語る「時給日本一のYouTuber」仕事術

  10. 10

    ゴルフ石川遼が28歳で10億円も…野球とは稼ぎで“雲泥の差”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る