大食漢ゆえの宿命なのか 清宮についてまわる“食べ物ネタ”

公開日:

「北海道で食べたいもの? ウニです」

 日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎(早実)が笑顔でこう言ったのは、24日に行われた新入団発表での一コマ。72年札幌冬季五輪の舞台となった大倉山ジャンプ競技場で背番号21を披露し、「北海道から世界に羽ばたきたい」と意気込んだが、それにしても清宮は食べ物の話をよく聞かれる。

 ドラフトで日本ハムがクジを引き当てた際、「北海道のイメージは寒いなというのと、あとはおいしい料理があるなっていうところ」と答えたことが発端になったのか、先日の仮契約後の会見で「北海道はおいしいものがたくさんあると言っていたが、北海道の印象は?」と聞かれていたし、23日の北海道入り時にも「自分は海の食べ物がすごく好き。すしはたくさん食べますよ」とリップサービスした。

「体重100キロを超える清宮は大食漢。とにかくおいしそうに食べます。好物のパスタをおかずに白メシを食べて驚かせたこともあったし、高校時代に通った定食屋では目玉焼き2個とマヨネーズがかかった焼き肉丼を好んだ。二軍施設がある鎌ケ谷(千葉)の飲食店では、さっそく清宮人気にあやかったパスタやチャーハンもメニューに加えた。どれもコッテリ系でカロリーが高そうです」(放送関係者)

「デブキャラ」のような扱いは当然という気もするが、プロでは食べ物の話題が吹き飛ぶくらいの活躍ができるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る