• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大食漢ゆえの宿命なのか 清宮についてまわる“食べ物ネタ”

「北海道で食べたいもの? ウニです」

 日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎(早実)が笑顔でこう言ったのは、24日に行われた新入団発表での一コマ。72年札幌冬季五輪の舞台となった大倉山ジャンプ競技場で背番号21を披露し、「北海道から世界に羽ばたきたい」と意気込んだが、それにしても清宮は食べ物の話をよく聞かれる。

 ドラフトで日本ハムがクジを引き当てた際、「北海道のイメージは寒いなというのと、あとはおいしい料理があるなっていうところ」と答えたことが発端になったのか、先日の仮契約後の会見で「北海道はおいしいものがたくさんあると言っていたが、北海道の印象は?」と聞かれていたし、23日の北海道入り時にも「自分は海の食べ物がすごく好き。すしはたくさん食べますよ」とリップサービスした。

「体重100キロを超える清宮は大食漢。とにかくおいしそうに食べます。好物のパスタをおかずに白メシを食べて驚かせたこともあったし、高校時代に通った定食屋では目玉焼き2個とマヨネーズがかかった焼き肉丼を好んだ。二軍施設がある鎌ケ谷(千葉)の飲食店では、さっそく清宮人気にあやかったパスタやチャーハンもメニューに加えた。どれもコッテリ系でカロリーが高そうです」(放送関係者)

「デブキャラ」のような扱いは当然という気もするが、プロでは食べ物の話題が吹き飛ぶくらいの活躍ができるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る