VIP待遇にあらず 清宮を待つ日ハム金子コーチの“鬼指導”

公開日:

 今から気を引き締めておいた方がよさそうだ。

 日本ハムからドラフト1位指名され、16日に仮契約を結んだ清宮幸太郎(早実)。10月27日に指名挨拶で訪れた栗山監督は、「野球の神様」といわれるベーブ・ルースを引き合いに「これだけみんなに愛される理由が分かった。野球にあまり興味がない人でも、幸太郎を愛する」と大絶賛。一軍キャンプ帯同はもちろん、来季の開幕スタメンも浮上している。

 大谷翔平と同様、プライベートでは「外出許可制」とし、3年後の20年東京五輪に向けても「こっちの責任として、そこで真ん中(4番)を打っているくらいになる道筋はイメージがある」と話し、英才教育を施していくつもりらしい。栗山監督が今後も清宮のことを「幸太郎、幸太郎」と、まるで息子のように可愛がる姿が目に浮かぶ。

 こうした日本ハムの“VIP待遇”は、清宮にとっても耳心地がいいに違いないが、甘い指導者ばかりではない。さるマスコミ関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る