日ハム仮契約 清宮が見せた中田翔への気遣いとライバル心

公開日: 更新日:

 超VIP待遇だった。16日、日本ハムドラフト1位指名された清宮幸太郎(早実)が契約金1億円、出来高5000万円、年俸1500万円の最高額で仮契約をした。

 その直後に行われた記者会見。会場となった東京・明治記念館の「金鶏の間」はかつて、明治憲法の草案審議の御前会議が行われた場所。清宮は金屏風をバックに一人、菊の御紋があしらわれた黒塗りの椅子に座り、会見を行った。

 記念館の関係者は「この場所は普段、ラウンジや結婚披露宴会場として利用しますが、会見や会議などでお貸しするとしても皇族や国賓など特殊なケースだけです。最近ではトム・クルーズさんが(06年に)映画の発表会見を行ったことしか記憶にありません」と言うくらいだから、いかに特別だったかがよく分かる。

■「尊敬してます」


 清宮は会見の冒頭、「趣のある場所で緊張感がある中で、一社会人としてのステップアップができたかなと思う」と話すなど、少々緊張気味の様子だったが、約30分間の会見では慎重に言葉を選んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  2. 2

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  3. 3

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  4. 4

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  5. 5

    コロナ禍の最中に…小池都知事は退職金3500万円を得ていた

  6. 6

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  7. 7

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  8. 8

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  9. 9

    小池知事“ひとり相撲”で泥縄の大誤算…情弱で対応周回遅れ

  10. 10

    小池知事「コロナ重症者数」過少申告の姑息 196人を39人と

もっと見る