日ハム仮契約 清宮が見せた中田翔への気遣いとライバル心

公開日: 更新日:

 超VIP待遇だった。16日、日本ハムドラフト1位指名された清宮幸太郎(早実)が契約金1億円、出来高5000万円、年俸1500万円の最高額で仮契約をした。

 その直後に行われた記者会見。会場となった東京・明治記念館の「金鶏の間」はかつて、明治憲法の草案審議の御前会議が行われた場所。清宮は金屏風をバックに一人、菊の御紋があしらわれた黒塗りの椅子に座り、会見を行った。

 記念館の関係者は「この場所は普段、ラウンジや結婚披露宴会場として利用しますが、会見や会議などでお貸しするとしても皇族や国賓など特殊なケースだけです。最近ではトム・クルーズさんが(06年に)映画の発表会見を行ったことしか記憶にありません」と言うくらいだから、いかに特別だったかがよく分かる。

■「尊敬してます」


 清宮は会見の冒頭、「趣のある場所で緊張感がある中で、一社会人としてのステップアップができたかなと思う」と話すなど、少々緊張気味の様子だったが、約30分間の会見では慎重に言葉を選んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  9. 9

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

  10. 10

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

もっと見る