日ハム仮契約 清宮が見せた中田翔への気遣いとライバル心

公開日:  更新日:

 超VIP待遇だった。16日、日本ハムにドラフト1位指名された清宮幸太郎(早実)が契約金1億円、出来高5000万円、年俸1500万円の最高額で仮契約をした。

 その直後に行われた記者会見。会場となった東京・明治記念館の「金鶏の間」はかつて、明治憲法の草案審議の御前会議が行われた場所。清宮は金屏風をバックに一人、菊の御紋があしらわれた黒塗りの椅子に座り、会見を行った。

 記念館の関係者は「この場所は普段、ラウンジや結婚披露宴会場として利用しますが、会見や会議などでお貸しするとしても皇族や国賓など特殊なケースだけです。最近ではトム・クルーズさんが(06年に)映画の発表会見を行ったことしか記憶にありません」と言うくらいだから、いかに特別だったかがよく分かる。

■「尊敬してます」


 清宮は会見の冒頭、「趣のある場所で緊張感がある中で、一社会人としてのステップアップができたかなと思う」と話すなど、少々緊張気味の様子だったが、約30分間の会見では慎重に言葉を選んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る