親方とモンゴル勢の板ばさみに…貴ノ岩は今後どうなる?

公開日: 更新日:

 暴行事件の「加害者」は土俵を去った。では、「被害者」は今後、どうなるのか。

 事件発覚以降、一度も公の場に姿を見せていない貴ノ岩

 11月場所中は貴乃花親方が福岡の宿舎内から一歩も出さず、現在もどこかにかくまわれているという。

 すでに貴乃花親方は、次の1月場所も貴ノ岩を全休させることを示唆している。11月場所の番付は前頭8枚目。全休は全敗扱いとなるので、1月場所は十両転落が確定している。そのうえ1月場所も休場となれば、幕下からの出直しを余儀なくされる。

 モンゴル事情に詳しいタニマチ筋は「気がかりなのは、番付よりも本人の精神状態です」と、こう話す。

「貴ノ岩が師匠の『他の部屋の力士とは仲良くするな』との方針で、モンゴル勢と距離を置いていたのは事実。ただ、それでも本人はどちらかといえばモンゴル寄りです。事実、日馬富士には目をかけられ、同郷の後輩力士と飲みに行くこともありましたからね。いわば、親方とモンゴル勢の板ばさみにあっている」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    チェンがロッテを自由契約に 巨虎楽“金満”3球団で争奪戦

  3. 3

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  4. 4

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  5. 5

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  8. 8

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  9. 9

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  10. 10

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

もっと見る