• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

怪行動の貴乃花親方と“援護”の元旭鷲山を結ぶ黒幕の正体

 横綱日馬富士(33)による貴ノ岩(27)暴行事件。

 貴ノ岩の師匠である貴乃花親方(45)は、協会から文書や口頭で弟子の事情聴取に応じるよう要請されながら再三、拒否している。当初は鳥取県警の捜査を優先すべきと話していたものの、県警が貴ノ岩の聴取に支障はないと言っていることが分かると、今度は貴ノ岩の体調が悪いと言い出した。

 ある親方によれば「協会員なのだから調査に応じるべきと水を向けられても、協会員であると同時に師匠、自分には弟子を守る義務があると聴取を突っぱねている」そうだ。その師匠も弟子も協会員なのだから、屁理屈をこね回して、協会の調査から逃げまくっているとしか思えない。

 そんな貴乃花親方に対して先週、テレビのワイドショーに出まくり「援護射撃」を繰り返したのが元旭鷲山のダバー・バトバヤル氏(44)。「灰皿やリモコンで40~50回殴られた」「耳も頭も痛くなった」などと、貴ノ岩から聞いた話を代弁する形で公表した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  6. 6

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  7. 7

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  8. 8

    「別に」から完全復活…沢尻エリカは豹変したか猫かぶりか

  9. 9

    改元は来年…残るオウム受刑者は「恩赦」の対象になるのか

  10. 10

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

もっと見る