怪行動の貴乃花親方と“援護”の元旭鷲山を結ぶ黒幕の正体

公開日:  更新日:

 横綱日馬富士(33)による貴ノ岩(27)暴行事件。

 貴ノ岩の師匠である貴乃花親方(45)は、協会から文書や口頭で弟子の事情聴取に応じるよう要請されながら再三、拒否している。当初は鳥取県警の捜査を優先すべきと話していたものの、県警が貴ノ岩の聴取に支障はないと言っていることが分かると、今度は貴ノ岩の体調が悪いと言い出した。

 ある親方によれば「協会員なのだから調査に応じるべきと水を向けられても、協会員であると同時に師匠、自分には弟子を守る義務があると聴取を突っぱねている」そうだ。その師匠も弟子も協会員なのだから、屁理屈をこね回して、協会の調査から逃げまくっているとしか思えない。

 そんな貴乃花親方に対して先週、テレビのワイドショーに出まくり「援護射撃」を繰り返したのが元旭鷲山のダバー・バトバヤル氏(44)。「灰皿やリモコンで40~50回殴られた」「耳も頭も痛くなった」などと、貴ノ岩から聞いた話を代弁する形で公表した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  3. 3

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  4. 4

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  5. 5

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  6. 6

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  7. 7

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る