怪行動の貴乃花親方と“援護”の元旭鷲山を結ぶ黒幕の正体

公開日: 更新日:

 横綱日馬富士(33)による貴ノ岩(27)暴行事件。

 貴ノ岩の師匠である貴乃花親方(45)は、協会から文書や口頭で弟子の事情聴取に応じるよう要請されながら再三、拒否している。当初は鳥取県警の捜査を優先すべきと話していたものの、県警が貴ノ岩の聴取に支障はないと言っていることが分かると、今度は貴ノ岩の体調が悪いと言い出した。

 ある親方によれば「協会員なのだから調査に応じるべきと水を向けられても、協会員であると同時に師匠、自分には弟子を守る義務があると聴取を突っぱねている」そうだ。その師匠も弟子も協会員なのだから、屁理屈をこね回して、協会の調査から逃げまくっているとしか思えない。

 そんな貴乃花親方に対して先週、テレビのワイドショーに出まくり「援護射撃」を繰り返したのが元旭鷲山のダバー・バトバヤル氏(44)。「灰皿やリモコンで40~50回殴られた」「耳も頭も痛くなった」などと、貴ノ岩から聞いた話を代弁する形で公表した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    静岡で初確認の変異種は経路不明…首都圏・関西に蔓延危機

  2. 2

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  3. 3

    菅政権「同じ支援」の約束反故 黙殺される独自宣言16道県

  4. 4

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  5. 5

    マシソンは「球威と角度」以外は欠点だらけの投手だった

  6. 6

    ウイルスでも細菌でもない がんリスクの最大の要素は食事

  7. 7

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  8. 8

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  9. 9

    春菜と友近が個室会食情報…“反”吉本芸人「集結」の狙いは

  10. 10

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

もっと見る