• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

土俵内外でやりたい放題 相撲を蹂躙するモンゴル勢に異論

「テーマにある通り、暴力問題を二度と起こさないようにすることです」

 相撲協会の八角理事長(54=元横綱北勝海)が、言葉に力を込めた。

 28日、「暴力問題の再発防止について」と銘打った理事長の講話が十両以上の力士を対象に行われた。角界全体を巻き込み、今や「協会VS貴乃花親方」となっている、今回の事件。

 騒動の発端となったのは、29日協会に引退届を提出した日馬富士(33)の暴行で、もとをただせば「モンゴル村」内のいさかいが原因だ。殴った日馬富士、殴られた貴ノ岩(27)、その場に居合わせた白鵬(32)、鶴竜(32)ら、事件に関わっている力士のほぼ全員が同郷の力士たちなのだ。

 そもそも、モンゴル人力士の傍若無人な立ち居振る舞いは、角界でかねて問題になっていた。一般人相手に暴力を振るって土俵を追われた元横綱の朝青龍を筆頭に、その例は挙げたらキリがない。この日、福岡県内のホテルで鳥取県警に約7時間半もの事情聴取を受けた白鵬も、土俵内ではやりたい放題。ヒジ打ち、ダメ押しを何度も注意されながらやめようとすらしない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事