• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

パチューカ敗退も 本田&ハリル“仲良くニンマリ”の裏事情

 相思相愛の2人が「してやったり」とほくそ笑んでいる姿が見えるようである。メキシコ・パチューカ所属のFW本田と日本代表監督ハリルホジッチの「2人」である。

 イタリアのミランで戦力外となり、ロシアW杯予選終盤戦の代表から外れると「本田不要論」が飛び交うようになった。しかし「ハリルさんは本田を常に高評価しており、体調が万全だったらロシアに連れて行く」と親しい人には漏らしているという。ただし――。本田自身が復調ぶりを見せない限り、代表に復帰させてもチーム内はギクシャクするばかり。

 そんな本田にとってUAEで開催中のクラブW杯は、存在感をアピールする格好の舞台である。

 初戦でアフリカ王者のカサブランカを撃破。そして日本時間13日午前2時キックオフの準決勝・南米王者の強豪グレミオ(ブラジル)戦でキレキレのプレーを随所で披露した。前半8分にチーム1本目となるシュートを放ち、前半アディショナルタイムに圧巻プレーでスタンドを沸かせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事