浦和はCWC敗戦で5位決定戦へ 三菱OBの“悪い予感”が的中

公開日:

 UAEで開催中のFIFAクラブワールドカップ(CWC)準々決勝でアジア王者の浦和が、開催国出場枠のアルジャジーラと対戦した(日本時間10日未明開始)。

 勝てば「準決勝でスペインの名門レアル・マドリードと対戦できる」試合である。5日にUAE入りした浦和選手は、万全のコンディション&気合十分でCWC初戦に臨んだはずだった。

 しかし、浦和選手の動きは「鈍かった」(浦和の前身・三菱サッカー部OBの元日本代表GK田口光久氏)。しかも好機にFW興梠らがシュートを外しまくり、後半7分には相手の縦パスに浦和DFの阿部と槙野の対応が遅れ、抜け出したFWマブフートがGK西川の動きを冷静に見ながら流し込んだ。これが決勝点となり、浦和は5位決定戦に回ることになった。

 試合後、MF柏木が「今日は悔しいよりも情けない気持ちの方が大きい。ここで負けるかねぇ……」とコメントした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  6. 6

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る