• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ハリルは意気軒昂も 東アジアE-1選手権“浦和抜き”の裏側

 12月9日に開幕するEAFF(東アジア連盟)E―1サッカー選手権の代表23選手が29日に発表された。参加国の中国、韓国、北朝鮮はいずれもベストメンバーだが、日本代表は「国内組」で構成され、しかも浦和勢がひとりもいない。

 浦和はアジアチャンピオンズリーグ(ACL)を制覇し、UAEで12月6~16日に行われるクラブW杯に参加するため「東アジア選手権のメンバーには選ばない」が既定路線。先の欧州遠征に選ばれたGK西川、DF槙野、MF遠藤、長沢、FW興梠抜きとあって戦力ダウンは明らかだが、指揮官のハリルホジッチは会見で「優勝を目指す」といつも通りに意気軒高だった。

「ハリルは、優勝を逃したときに『浦和勢がいなかったから』と言い訳に出来るので内心はホッとしている」(マスコミ関係者)

 代表主軸のC大阪MF山口が24日の練習中に右足を痛めて「全治3週間」。東アジア選手権メンバーには招集されなかったのも、「ハリルホジッチ監督の敗戦のエクスキューズに使える」ともっぱらだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事