• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大谷にフラれた東の金満球団が“FAの目玉”ダルに方針転換

 今オフ、海外市場の最大の目玉だった二刀流大谷翔平(23)のエンゼルス入団が8日(日本時間9日)に決まった。

 今後、米球界ではFA市場での動きが活発になる。そのFAマーケットでオフの動向に注目が集まっているのが、ダルビッシュ有(31=ドジャースからFA)だ。

 先発投手では右腕のジェイク・アリエッタ(前カブス)とともに複数の球団が関心を寄せている。中でも、ヤンキース、ブルージェイズ、フィリーズらの東海岸の球団は、ローテーションの柱と位置付け、FA補強の最優先候補としてリストアップ。今後はマネーゲームに発展する可能性もあり、米移籍情報サイト「トレード・ルーモア」は「6年総額1億6000万ドル(約178億3800万円)の契約は保証される」と予想している。

 ヤンキースを筆頭に東海岸のすべての球団は「西海岸」「二刀流起用」を優先した大谷にソデにされたばかり。金銭面を重視しない大谷にフラれた東の金満球団が野球を「ビジネス」と割り切るダルへと方向転換したわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  2. 2

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  3. 3

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  4. 4

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  7. 7

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  8. 8

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

  9. 9

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  10. 10

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

もっと見る