• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大谷にフラれた東の金満球団が“FAの目玉”ダルに方針転換

 今オフ、海外市場の最大の目玉だった二刀流大谷翔平(23)のエンゼルス入団が8日(日本時間9日)に決まった。

 今後、米球界ではFA市場での動きが活発になる。そのFAマーケットでオフの動向に注目が集まっているのが、ダルビッシュ有(31=ドジャースからFA)だ。

 先発投手では右腕のジェイク・アリエッタ(前カブス)とともに複数の球団が関心を寄せている。中でも、ヤンキース、ブルージェイズ、フィリーズらの東海岸の球団は、ローテーションの柱と位置付け、FA補強の最優先候補としてリストアップ。今後はマネーゲームに発展する可能性もあり、米移籍情報サイト「トレード・ルーモア」は「6年総額1億6000万ドル(約178億3800万円)の契約は保証される」と予想している。

 ヤンキースを筆頭に東海岸のすべての球団は「西海岸」「二刀流起用」を優先した大谷にソデにされたばかり。金銭面を重視しない大谷にフラれた東の金満球団が野球を「ビジネス」と割り切るダルへと方向転換したわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事