優勝でなくCS狙い? G由伸監督「3人で20勝」の弱気ノルマ

公開日:

「先発3人で20勝とは何とも微妙ですね」

 巨人OBの評論家、高橋善正氏の感想である。

 今季、11年ぶりのBクラスとなる4位に終わった巨人の高橋由伸監督(42)が24日、ラジオ日本の収録で、来季の先発投手陣について言及。メジャーに流出した3本柱の一角、今季14勝8敗、防御率2.25だったマイコラスの穴をどう埋めるかが課題として、具体的な目標値をはじき出したのだ。

 まずは菅野、田口、畠を新3本柱に指名し、FA入団が決まった野上、暴行事件の不祥事によって4登板1勝に終わった山口俊、若手左腕の中川に期待。「(3人で)20勝してくれれば」とノルマを設定した。

「仮に今季17勝の菅野、13勝の田口、6勝の畠に多少の上積みを期待して3人で『40勝』。そこに野上、山口俊、中川で『20勝』だと先発陣で『60勝』です。今季はリリーフ8投手で『13勝』。来季も同じで見積もっても、合計『73勝』にしかなりませんから」(前出の高橋氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  6. 6

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  7. 7

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  8. 8

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

もっと見る