• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

優勝でなくCS狙い? G由伸監督「3人で20勝」の弱気ノルマ

「先発3人で20勝とは何とも微妙ですね」

 巨人OBの評論家、高橋善正氏の感想である。

 今季、11年ぶりのBクラスとなる4位に終わった巨人の高橋由伸監督(42)が24日、ラジオ日本の収録で、来季の先発投手陣について言及。メジャーに流出した3本柱の一角、今季14勝8敗、防御率2.25だったマイコラスの穴をどう埋めるかが課題として、具体的な目標値をはじき出したのだ。

 まずは菅野、田口、畠を新3本柱に指名し、FA入団が決まった野上、暴行事件の不祥事によって4登板1勝に終わった山口俊、若手左腕の中川に期待。「(3人で)20勝してくれれば」とノルマを設定した。

「仮に今季17勝の菅野、13勝の田口、6勝の畠に多少の上積みを期待して3人で『40勝』。そこに野上、山口俊、中川で『20勝』だと先発陣で『60勝』です。今季はリリーフ8投手で『13勝』。来季も同じで見積もっても、合計『73勝』にしかなりませんから」(前出の高橋氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

もっと見る