右手親指痛が再発 焦る清宮&なだめる日ハム首脳陣の不安

公開日: 更新日:

「痛くなかったらやっていた。無理をしないで徐々にやっていきたい」

 米アリゾナ自主トレ初日(日本時間30日)、清宮幸太郎(18=早実)はこう言っている。

 ティー打撃の途中、故障していた右手親指に痛みを感じてベンチへ。テーピングや緩衝材を装着して再び打撃練習を再開しながら、フリー打撃を回避したことに関してだ。

 米国入りした前日、谷ヘッドトレーナーは右手親指について「特に痛みもなく問題はない」と話していたが、この日の打撃練習中に痛みが出たようだ。

 鎌ケ谷の二軍施設で自主トレを行っていたときは痛いとか、かゆいとか言わなかった清宮が、初めて「痛い」と口にしたくらいだから、ケガはもちろん心のダメージも気になるところだ。

 ダンベルを使ったウエートトレーニング中に右手親指を痛めたのは1月19日。それまで清宮は居残りの打撃練習を欠かさなかった。「いつもこれくらいやっている」と涼しい顔だったが、アマ時代から清宮を知る関係者は、「焦っていると思う。いつも飄々としていた清宮でも、焦ることがあるんですね」と驚いたくらい。一軍キャンプ帯同はそれなりのプレッシャーというか「焦り」につながったということか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  9. 9

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  10. 10

    今季限り退任濃厚の楽天・平石監督と石井GMの本当の関係は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る