清宮は大丈夫か?「ドライチ」著者が見た新人選手の内面

公開日:

 清宮幸太郎(早実)の争奪戦に沸いた昨秋のプロ野球ドラフト会議。かつて甲子園を賑わせ、清宮と同じドライチ(ドラフト1位指名)で入団したものの、プロの世界で通用した者、しなかった者にはいろいろなドラマがある。この「ドライチ」(カンゼン)は、ノンフィクション作家の田崎健太氏が8人の選手に丁寧な取材を行って書きあげたものだ。読者に伝えたいことを聞いた。

■非常にナーバスであやふやな状態

 ――この本には8人のドライチが登場します。それぞれにドラマがありますが、何人かの選手はマスコミに対する不信感を漏らしていました。

「ドラフトにかかる段階で、アマチュア選手はプロとして見られる。18歳や20代前半の若者が、いきなり完全商品として扱われることへの戸惑いは大きい。内面は非常にナーバスであやふやな状態なんです。入団してからもそうです。でも、メディアは『読者の要求に応える』ということを理由に、選手に何か言わせようと誘導尋問したり、聞いた話を膨らませて書く。その記事を読んだ選手は、え!? と思うわけです。プロ生活に慣れてくると、ジョークや抽象的な答えで記者の質問をはぐらかすこともできるようになりますが、新人にそれを求めるのは酷です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る