清宮は大丈夫か?「ドライチ」著者が見た新人選手の内面

公開日: 更新日:

 清宮幸太郎(早実)の争奪戦に沸いた昨秋のプロ野球ドラフト会議。かつて甲子園を賑わせ、清宮と同じドライチ(ドラフト1位指名)で入団したものの、プロの世界で通用した者、しなかった者にはいろいろなドラマがある。この「ドライチ」(カンゼン)は、ノンフィクション作家の田崎健太氏が8人の選手に丁寧な取材を行って書きあげたものだ。読者に伝えたいことを聞いた。

■非常にナーバスであやふやな状態

 ――この本には8人のドライチが登場します。それぞれにドラマがありますが、何人かの選手はマスコミに対する不信感を漏らしていました。

「ドラフトにかかる段階で、アマチュア選手はプロとして見られる。18歳や20代前半の若者が、いきなり完全商品として扱われることへの戸惑いは大きい。内面は非常にナーバスであやふやな状態なんです。入団してからもそうです。でも、メディアは『読者の要求に応える』ということを理由に、選手に何か言わせようと誘導尋問したり、聞いた話を膨らませて書く。その記事を読んだ選手は、え!? と思うわけです。プロ生活に慣れてくると、ジョークや抽象的な答えで記者の質問をはぐらかすこともできるようになりますが、新人にそれを求めるのは酷です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  2. 2

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  5. 5

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る