• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

人気者同士で互いに気遣い? 清宮&大谷の“微妙な”距離感

 清宮幸太郎(18)と大谷翔平(23)は今、日本ハムの二軍寮で壁一枚を隔てただけの隣部屋同士で暮らしている。

 清宮が入寮した直後、大谷の方から「短い間だけどよろしく」と声をかけ、「よろしくお願いします」と挨拶をした。寮内の食堂やウエートルームでは日常的に顔を合わせ、練習場所も一緒で、同じ時間帯に汗を流してもいる。

 先日は大谷のフリー打撃を間近で見て、「今まで結果を出して、飛距離もある選手を見られたのはよかった」と感激していたが、2人きりの会話については、「少しは話をしましたけど、面と向かってというのはないですね。緊張したり萎縮したりというのはないですけど……」と野球談議を実現するまでには至っていない様子だった。

 自主トレ期間中のある日、清宮は、ブルペンで投球練習をしていた大谷を遠目に見ていた。近づいて観察しようと思ったが、報道陣にカメラを向けられ足を止めた。接触すれば騒動になり、大谷の練習を邪魔することになると思ったのだろう。チーム関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  5. 5

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

もっと見る