人気者同士で互いに気遣い? 清宮&大谷の“微妙な”距離感

公開日: 更新日:

 清宮幸太郎(18)と大谷翔平(23)は今、日本ハムの二軍寮で壁一枚を隔てただけの隣部屋同士で暮らしている。

 清宮が入寮した直後、大谷の方から「短い間だけどよろしく」と声をかけ、「よろしくお願いします」と挨拶をした。寮内の食堂やウエートルームでは日常的に顔を合わせ、練習場所も一緒で、同じ時間帯に汗を流してもいる。

 先日は大谷のフリー打撃を間近で見て、「今まで結果を出して、飛距離もある選手を見られたのはよかった」と感激していたが、2人きりの会話については、「少しは話をしましたけど、面と向かってというのはないですね。緊張したり萎縮したりというのはないですけど……」と野球談議を実現するまでには至っていない様子だった。

 自主トレ期間中のある日、清宮は、ブルペンで投球練習をしていた大谷を遠目に見ていた。近づいて観察しようと思ったが、報道陣にカメラを向けられ足を止めた。接触すれば騒動になり、大谷の練習を邪魔することになると思ったのだろう。チーム関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  7. 7

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  8. 8

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  9. 9

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  10. 10

    アヤパンの“MC力”でテレ朝「サタデーステーション」上昇気流に!視聴率で「報ステ」抜く

もっと見る