人気者同士で互いに気遣い? 清宮&大谷の“微妙な”距離感

公開日: 更新日:

 清宮幸太郎(18)と大谷翔平(23)は今、日本ハムの二軍寮で壁一枚を隔てただけの隣部屋同士で暮らしている。

 清宮が入寮した直後、大谷の方から「短い間だけどよろしく」と声をかけ、「よろしくお願いします」と挨拶をした。寮内の食堂やウエートルームでは日常的に顔を合わせ、練習場所も一緒で、同じ時間帯に汗を流してもいる。

 先日は大谷のフリー打撃を間近で見て、「今まで結果を出して、飛距離もある選手を見られたのはよかった」と感激していたが、2人きりの会話については、「少しは話をしましたけど、面と向かってというのはないですね。緊張したり萎縮したりというのはないですけど……」と野球談議を実現するまでには至っていない様子だった。

 自主トレ期間中のある日、清宮は、ブルペンで投球練習をしていた大谷を遠目に見ていた。近づいて観察しようと思ったが、報道陣にカメラを向けられ足を止めた。接触すれば騒動になり、大谷の練習を邪魔することになると思ったのだろう。チーム関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  2. 2

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  8. 8

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  9. 9

    高校を中退し石原裕次郎の内弟子になろうと成城の自宅へ

  10. 10

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

もっと見る