栗山監督が指示 親指痛再発の清宮いきなり打撃練習回避

公開日: 更新日:

 米アリゾナ自主トレ初日(日本時間30日)に、故障していた右手親指に再び痛みを訴えた清宮幸太郎(18=早実)。日本ハムの首脳陣は一軍キャンプ帯同によるプレッシャーと疲労が大ケガにつながることを警戒し、慎重な姿勢で清宮を見守っている。

 そんなこともあって清宮は、自主トレ2日目(31日)は打撃練習を回避した。清宮は「もちろん打ちたいですよ」としながら、トレーナーと話し合った上で、「大事をとってですね。無理をしたくないんで」と語り、他の選手の打撃練習中は、「球拾い」に専念。

 栗山監督によると、トレーナー陣と相談した上でこの日の朝、清宮に打撃練習の中止を「俺から指示した」と言う。

 清宮は「明日(1日)もたぶん打たない」と言うから、自主トレ最終日も打撃練習はお預けとなりそうだ。

 守備練習では初めて投内連係に取り組み、一塁で参加。短距離のランニングでは「ガニマタ」の修正にも取り組んだ。しばらくはバットを置いた練習が増えそうだが、栗山監督が言う「今やるべきこと」に専念することで、メンタル面が好転するきっかけになるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  7. 7

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  8. 8

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  9. 9

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  10. 10

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

もっと見る