• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

栗山監督が指示 親指痛再発の清宮いきなり打撃練習回避

 米アリゾナ自主トレ初日(日本時間30日)に、故障していた右手親指に再び痛みを訴えた清宮幸太郎(18=早実)。日本ハムの首脳陣は一軍キャンプ帯同によるプレッシャーと疲労が大ケガにつながることを警戒し、慎重な姿勢で清宮を見守っている。

 そんなこともあって清宮は、自主トレ2日目(31日)は打撃練習を回避した。清宮は「もちろん打ちたいですよ」としながら、トレーナーと話し合った上で、「大事をとってですね。無理をしたくないんで」と語り、他の選手の打撃練習中は、「球拾い」に専念。

 栗山監督によると、トレーナー陣と相談した上でこの日の朝、清宮に打撃練習の中止を「俺から指示した」と言う。

 清宮は「明日(1日)もたぶん打たない」と言うから、自主トレ最終日も打撃練習はお預けとなりそうだ。

 守備練習では初めて投内連係に取り組み、一塁で参加。短距離のランニングでは「ガニマタ」の修正にも取り組んだ。しばらくはバットを置いた練習が増えそうだが、栗山監督が言う「今やるべきこと」に専念することで、メンタル面が好転するきっかけになるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  3. 3

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  7. 7

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

もっと見る