SB王会長が助言 日ハム緒方コーチが明かす「清宮育成法」

公開日:

「順調だと思います。思っていたより振れていた。痛みもない」

 26日、日本ハムの清宮幸太郎(18=早実)が右手親指の故障後、初めて素振りを披露。本格的な打撃練習については、「焦らず、ゆっくりしっかり治してから」とした。

 キャンプの第1クールは、3日間と短いこともあり、栗山監督はじめ首脳陣は清宮の動きなどを実際に確認しながら、能力を把握することが主となりそうだ。

 今季から日本ハム入りした緒方耕一野手総合コーチは先日、清宮が故障する前に自主トレを視察した際、「野球漬けの生活は初めてのこと。ずっとユニホームを着続けるというだけでも、心身で疲れが出てくると思う。まずは体を壊さないように、コンディションを整えることが大事になってくる。キャンプ序盤はあくまで様子見というか、彼の能力を把握することに重点を置くことになると思います」と言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る