• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

SB王会長が助言 日ハム緒方コーチが明かす「清宮育成法」

「順調だと思います。思っていたより振れていた。痛みもない」

 26日、日本ハムの清宮幸太郎(18=早実)が右手親指の故障後、初めて素振りを披露。本格的な打撃練習については、「焦らず、ゆっくりしっかり治してから」とした。

 キャンプの第1クールは、3日間と短いこともあり、栗山監督はじめ首脳陣は清宮の動きなどを実際に確認しながら、能力を把握することが主となりそうだ。

 今季から日本ハム入りした緒方耕一野手総合コーチは先日、清宮が故障する前に自主トレを視察した際、「野球漬けの生活は初めてのこと。ずっとユニホームを着続けるというだけでも、心身で疲れが出てくると思う。まずは体を壊さないように、コンディションを整えることが大事になってくる。キャンプ序盤はあくまで様子見というか、彼の能力を把握することに重点を置くことになると思います」と言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  8. 8

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  9. 9

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  10. 10

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

もっと見る