青学大の箱根4連覇 “陰の立役者”が余裕のノウハウ開陳

公開日:

 青山学院大陸上競技部の箱根駅伝4連覇を支えたフィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一氏(スポーツモチベーション最高技術責任者)が監修した「青トレ 青学駅伝チームのピーキング&ランニングケア」(徳間書店)の刊行を記念したトークショーが、4日に藤沢市の湘南T―SITEで行われた。陰の立役者を直撃した。

 ◇ ◇ ◇ 

 青学大の成功で、早大、東海大、順大、日体大が次々とフィジカルトレーニングを導入。上武大はメンタルコンサルタントがサポートしている。

 完全に追われる立場となっているが、中野氏は「フィジカルトレーナーとして当たり前にやってきたことが他大学さんにも浸透し、大学長距離界全体のレベルが上がっていくことは大歓迎」と言う。

 監修する「青トレ」本も今回が第3弾。自らノウハウを流出させているようなものだが、「こうして(手の内を)公表しているわけですからね。真似されて追い上げられているぞ、と周囲で言われていることも重々承知していますが、どんどん真似していただきたいと言いたいですし、大学長距離界全体で切磋琢磨していけることをうれしく思います。焦りですか?(笑顔で)ありません」と余裕の表情だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る