青学大の箱根4連覇 “陰の立役者”が余裕のノウハウ開陳

公開日:

 青山学院大陸上競技部の箱根駅伝4連覇を支えたフィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一氏(スポーツモチベーション最高技術責任者)が監修した「青トレ 青学駅伝チームのピーキング&ランニングケア」(徳間書店)の刊行を記念したトークショーが、4日に藤沢市の湘南T―SITEで行われた。陰の立役者を直撃した。

 ◇ ◇ ◇ 

 青学大の成功で、早大、東海大、順大、日体大が次々とフィジカルトレーニングを導入。上武大はメンタルコンサルタントがサポートしている。

 完全に追われる立場となっているが、中野氏は「フィジカルトレーナーとして当たり前にやってきたことが他大学さんにも浸透し、大学長距離界全体のレベルが上がっていくことは大歓迎」と言う。

 監修する「青トレ」本も今回が第3弾。自らノウハウを流出させているようなものだが、「こうして(手の内を)公表しているわけですからね。真似されて追い上げられているぞ、と周囲で言われていることも重々承知していますが、どんどん真似していただきたいと言いたいですし、大学長距離界全体で切磋琢磨していけることをうれしく思います。焦りですか?(笑顔で)ありません」と余裕の表情だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る