参加メンバーたった4人 陸連マラソン強化合宿に浮かぶ疑問

公開日:

 陸連は昨年に続き、男子のマラソン強化のためにニュージーランド合宿を行う。7日、成田空港から現地へ出発した選手は、青学大OBの神野大地(24=コニカミノルタ)、箱根駅伝で2区を走った神奈川大の鈴木健吾(22)、17年世界陸上マラソン代表の井上大仁(25=MHPS)、木滑良(26=同)の4人だ。

 ある実業団OBが言う。

「自分の手を離れる陸連の合宿を嫌う指導者がいるのは事実。とはいえ、東京五輪へ向けての強化合宿なら4人は少ない。富士通入りが決まっている鈴木はまだ大学生。神野の監督は『五輪や世界陸上のマラソンで金メダリストを出す』のが夢。木滑らの所属先は国内で唯一マラソン部があり、陸連の合宿に理解がある。呼びやすい選手を呼んだだけではないか」

 ちなみに、3人が参加した昨年は川内優輝(30)も誘ったが、勤務多忙で辞退した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る