いら立ち隠さず 中田翔は清宮のフリー打撃をどう見たか?

公開日:

 22日、日本ハムのルーキー・清宮幸太郎(18=早実)が練習をリタイアした。午後の守備練習中に体調不良を訴えると、荷物をまとめてタクシーで名護市内の病院に直行。「急性胃腸炎」と診断された。23日は宿舎で静養する。

 吉村GMが「朝から体調が悪そうだった」と話したように、午前中の練習から腹部を押さえ、ノックでは平凡なゴロを捕り損ねて下腹部に当てるシーンも。その後の動きまでおかしかったことから首脳陣の知るところとなった。

 だがしかし、体調不良を隠しながらでも、守備練習直前に行ったフリー打撃は圧巻だった。

 前日に14本だったサク越えは12本。左方向への当たりも含め、場外にも5発打ち込んだ。左投手にはやや苦戦しながらも、高卒ルーキー離れした打撃を見せつけた。

 これに思わず手を止めたのが、キャプテンの中田翔(28)だ。ケージ裏でティー打撃を行っていたが、清宮の響かせる快音が気になったのか、わざわざ自身の練習を中断してレアードとそのフリー打撃に注目。しばしルーキーの打撃と打球の行方に見入っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る