• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

いら立ち隠さず 中田翔は清宮のフリー打撃をどう見たか?

 22日、日本ハムのルーキー・清宮幸太郎(18=早実)が練習をリタイアした。午後の守備練習中に体調不良を訴えると、荷物をまとめてタクシーで名護市内の病院に直行。「急性胃腸炎」と診断された。23日は宿舎で静養する。

 吉村GMが「朝から体調が悪そうだった」と話したように、午前中の練習から腹部を押さえ、ノックでは平凡なゴロを捕り損ねて下腹部に当てるシーンも。その後の動きまでおかしかったことから首脳陣の知るところとなった。

 だがしかし、体調不良を隠しながらでも、守備練習直前に行ったフリー打撃は圧巻だった。

 前日に14本だったサク越えは12本。左方向への当たりも含め、場外にも5発打ち込んだ。左投手にはやや苦戦しながらも、高卒ルーキー離れした打撃を見せつけた。

 これに思わず手を止めたのが、キャプテンの中田翔(28)だ。ケージ裏でティー打撃を行っていたが、清宮の響かせる快音が気になったのか、わざわざ自身の練習を中断してレアードとそのフリー打撃に注目。しばしルーキーの打撃と打球の行方に見入っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る