いら立ち隠さず 中田翔は清宮のフリー打撃をどう見たか?

公開日:

 22日、日本ハムのルーキー・清宮幸太郎(18=早実)が練習をリタイアした。午後の守備練習中に体調不良を訴えると、荷物をまとめてタクシーで名護市内の病院に直行。「急性胃腸炎」と診断された。23日は宿舎で静養する。

 吉村GMが「朝から体調が悪そうだった」と話したように、午前中の練習から腹部を押さえ、ノックでは平凡なゴロを捕り損ねて下腹部に当てるシーンも。その後の動きまでおかしかったことから首脳陣の知るところとなった。

 だがしかし、体調不良を隠しながらでも、守備練習直前に行ったフリー打撃は圧巻だった。

 前日に14本だったサク越えは12本。左方向への当たりも含め、場外にも5発打ち込んだ。左投手にはやや苦戦しながらも、高卒ルーキー離れした打撃を見せつけた。

 これに思わず手を止めたのが、キャプテンの中田翔(28)だ。ケージ裏でティー打撃を行っていたが、清宮の響かせる快音が気になったのか、わざわざ自身の練習を中断してレアードとそのフリー打撃に注目。しばしルーキーの打撃と打球の行方に見入っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る