出場は終盤守備のみ…日ハム清宮を一軍に置く本当の理由

公開日:  更新日:

 いまだ右手親指のケガに配慮した練習を続けているのが、日本ハムのルーキー・清宮幸太郎(18=早実)だ。

 18日は、室内練習場でアップをこなすと、前日の17日に続いてトスバッティングを行った。約10メートルの距離から城石打撃コーチが上手で投げるボールを打つこと約15分。その後、ボールを使った体幹トレーニングをこなし、練習試合に出場するため阪神のキャンプ地である宜野座に向かった。

 試合に出たといっても八回裏から一塁守備に就いただけ。牽制球を捕球した以外の守備機会はなかった。

 1月に右手親指を負傷した清宮は現在、実戦で打席に立つことを許されていない。もっぱら一塁守備のみという変則出場が続いている。

 しかし、これで一軍に帯同させている意味があるのだろうか。この日も八回まではベンチを温めていただけだ。日本ハムは23日の打ち上げまで対外試合が続く。二軍でみっちり鍛えるのが本人のためではないのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  6. 6

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  7. 7

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る