清宮サク越え14本も…打撃コーチが“あえて無視”する課題

公開日:

 高卒ルーキー、清宮幸太郎(18=早実)が21日、二軍が拠点にしている国頭の球場で今キャンプ初のフリー打撃を行った。

 左翼から右翼に強い風が吹いていたこともあってか、主に右方向に痛烈なライナー性の打球を飛ばし、サク越えは57スイング中14本。そのうち5本は場外弾で、右中間への一発は隣接する駐車場に飛び込んだ。

 清宮は自主トレ中に右手親指を負傷し、本格的な打撃練習にはストップがかかっていた。前日までは室内練習場でのトス打撃止まり。屋外でのフリー打撃は高校での自主トレ以来だそうだから、本人も多少、留飲を下げたに違いない。

「久しぶりにしてはすごくよかった。まだボールが来る感じ(がつかめない)というか、打ち損じがある。体と目が慣れて、徐々に戻せればいい」とは練習後の清宮だ。


 城石打撃コーチは「タイミングが合ったときは自分のスイングで打てている。まだバラつきはあるよ」と話し、日刊ゲンダイの「逆に気になった点は?」という質問にはこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  5. 5

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  6. 6

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  7. 7

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  8. 8

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  9. 9

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る