• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

清宮サク越え14本も…打撃コーチが“あえて無視”する課題

 高卒ルーキー、清宮幸太郎(18=早実)が21日、二軍が拠点にしている国頭の球場で今キャンプ初のフリー打撃を行った。

 左翼から右翼に強い風が吹いていたこともあってか、主に右方向に痛烈なライナー性の打球を飛ばし、サク越えは57スイング中14本。そのうち5本は場外弾で、右中間への一発は隣接する駐車場に飛び込んだ。

 清宮は自主トレ中に右手親指を負傷し、本格的な打撃練習にはストップがかかっていた。前日までは室内練習場でのトス打撃止まり。屋外でのフリー打撃は高校での自主トレ以来だそうだから、本人も多少、留飲を下げたに違いない。

「久しぶりにしてはすごくよかった。まだボールが来る感じ(がつかめない)というか、打ち損じがある。体と目が慣れて、徐々に戻せればいい」とは練習後の清宮だ。


 城石打撃コーチは「タイミングが合ったときは自分のスイングで打てている。まだバラつきはあるよ」と話し、日刊ゲンダイの「逆に気になった点は?」という質問にはこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る