ついにフリー打撃へ 日ハム清宮は“新人の中田翔”より上か

公開日:

 どちらも高校生としては規格外に違いない。

 歴代最多の高校通算111本塁打という実績を引っさげ、鳴り物入りで入団した日本ハムの清宮幸太郎(18=早実)が、21日にフリー打撃を行う。

 同じ日本ハムには、いまから10年前も「怪物」と呼ばれる高校生がいた。大阪桐蔭時代、通算87本塁打で当時の記録を塗り替え、同様にドラフト1位で入団した中田翔(28)だ。

 清宮は1年目の中田と比べて上か下か。

 ある球団OBは「打撃は清宮の方が断然、優れている」と、こう話す。

「まだトスバッティング程度だが、スイングを見る限り、すでに一流レベル。一見、力を入れずに軽く振っているように見えるが、打球音はえげつない。(他の日本ハムの選手と比べても)音からして違います。手首を含めて体が非常に柔らかいので、最低限の動作でバットにパワーを伝えられる。トップの位置から流れるような動作でケタ違いのスイングスピードを出せるのはそのためです。そこへいくと中田はパワーこそずぬけていたが、技術面では未熟も未熟だった。清宮とは正反対に力んでしまい、『ボールを強打するぞ!』と言わんばかりに予備動作が大きくなり、右脇が大きくあいていた」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る