• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ついにフリー打撃へ 日ハム清宮は“新人の中田翔”より上か

 どちらも高校生としては規格外に違いない。

 歴代最多の高校通算111本塁打という実績を引っさげ、鳴り物入りで入団した日本ハムの清宮幸太郎(18=早実)が、21日にフリー打撃を行う。

 同じ日本ハムには、いまから10年前も「怪物」と呼ばれる高校生がいた。大阪桐蔭時代、通算87本塁打で当時の記録を塗り替え、同様にドラフト1位で入団した中田翔(28)だ。

 清宮は1年目の中田と比べて上か下か。

 ある球団OBは「打撃は清宮の方が断然、優れている」と、こう話す。

「まだトスバッティング程度だが、スイングを見る限り、すでに一流レベル。一見、力を入れずに軽く振っているように見えるが、打球音はえげつない。(他の日本ハムの選手と比べても)音からして違います。手首を含めて体が非常に柔らかいので、最低限の動作でバットにパワーを伝えられる。トップの位置から流れるような動作でケタ違いのスイングスピードを出せるのはそのためです。そこへいくと中田はパワーこそずぬけていたが、技術面では未熟も未熟だった。清宮とは正反対に力んでしまい、『ボールを強打するぞ!』と言わんばかりに予備動作が大きくなり、右脇が大きくあいていた」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  4. 4

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  5. 5

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  10. 10

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

もっと見る