• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

清宮の出場機会にも影響 日ハム中田翔「右肩炎症」の波紋

「打つ方は問題ないかな」

 前日に右肩に違和感を訴え、病院でMRI検査を受けた結果、「右肩の炎症」と診断された日本ハムの中田翔(28)が厳しい表情でこう話した。

 この日(日本時間7日)はケース打撃を回避。一塁守備ではスローイングをせず、軽くトスをする程度にとどめた。吉村GMは前日、「2、3日はノースローで様子を見ることになる」と話している。

 中田はキャンプ前から右肩に異変を感じていたという。キャンプイン直後にはエースの有原航平(25)も右肩炎症のため、別メニュー調整が続いている。昨季5位からの巻き返しを図る栗山監督にとって、エースと4番の相次ぐ故障は頭が痛いに違いない。

 中田はこのオフ、10キロ以上の増量に成功。見た目にすぐわかるくらいのムキムキボディーでキャンプイン。先日は「106キロある。減らす必要はないし、このままの体を保ってシーズンに入りたい」と気合十分だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る