清宮の出場機会にも影響 日ハム中田翔「右肩炎症」の波紋

公開日:

「打つ方は問題ないかな」

 前日に右肩に違和感を訴え、病院でMRI検査を受けた結果、「右肩の炎症」と診断された日本ハムの中田翔(28)が厳しい表情でこう話した。

 この日(日本時間7日)はケース打撃を回避。一塁守備ではスローイングをせず、軽くトスをする程度にとどめた。吉村GMは前日、「2、3日はノースローで様子を見ることになる」と話している。

 中田はキャンプ前から右肩に異変を感じていたという。キャンプイン直後にはエースの有原航平(25)も右肩炎症のため、別メニュー調整が続いている。昨季5位からの巻き返しを図る栗山監督にとって、エースと4番の相次ぐ故障は頭が痛いに違いない。

 中田はこのオフ、10キロ以上の増量に成功。見た目にすぐわかるくらいのムキムキボディーでキャンプイン。先日は「106キロある。減らす必要はないし、このままの体を保ってシーズンに入りたい」と気合十分だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る