日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「俺は負けるつもりない」中田翔が明かした清宮への本音

「清宮の守備? そりゃまだまだ上手とは言えないけど、俺の1年目よりマシでしょ」

 今季からキャプテンを務める中田翔(28)が清宮幸太郎(18=早実)についてこう語った。

 プロでの実績は違えど同じ一塁手。清宮は右手親指のケガもあり、キャンプの大半は守備走塁の基礎練習に費やした。一塁のカバーリングやサインプレーについて、中田が清宮に教える場面もある。キャンプ中、「マイペースなところはいい。ちょっと変わっているのかなというところもチラホラありつつ。本当にかわいらしい」と話したことがあったが、本音ではどう見ているのか。

「彼なりに毎日、守備は頑張っていると思うし、守備が下手という報道もあったけど、そんなひどいわけじゃない。ボールを捕ることに関してはまあ、捕ってるからね。細かいプレーはまだわからないから誠さん(金子コーチ)から教えてもらっている。打撃ができないことが続いて、楽しくなかったかもしれないけど、ありがたいことなんだとしっかり受け止めてね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事