「俺は負けるつもりない」中田翔が明かした清宮への本音

公開日:

「清宮の守備? そりゃまだまだ上手とは言えないけど、俺の1年目よりマシでしょ」

 今季からキャプテンを務める中田翔(28)が清宮幸太郎(18=早実)についてこう語った。

 プロでの実績は違えど同じ一塁手。清宮は右手親指のケガもあり、キャンプの大半は守備走塁の基礎練習に費やした。一塁のカバーリングやサインプレーについて、中田が清宮に教える場面もある。キャンプ中、「マイペースなところはいい。ちょっと変わっているのかなというところもチラホラありつつ。本当にかわいらしい」と話したことがあったが、本音ではどう見ているのか。

「彼なりに毎日、守備は頑張っていると思うし、守備が下手という報道もあったけど、そんなひどいわけじゃない。ボールを捕ることに関してはまあ、捕ってるからね。細かいプレーはまだわからないから誠さん(金子コーチ)から教えてもらっている。打撃ができないことが続いて、楽しくなかったかもしれないけど、ありがたいことなんだとしっかり受け止めてね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る