広島は育成着々 「監督賞」の若手3投手に他球団もため息

公開日:

 リーグ連覇中の広島が27日、春季キャンプを打ち上げた。

 宮崎・日南から沖縄へ移動した約1カ月間の日程を終えた緒方孝市監督(49)は、「若い人にとってこの期間は第1段階だったが、いいものを数多く見せてくれてうれしい」と若手のアピールに笑顔。練習後にはナインの円陣に歩み寄り、高橋昂也(19=2年目)、アドゥワ誠(19=2年目)、藤井皓哉(21=4年目)の投手3人と、上本、下水流の野手2人の計5人に「監督賞」を贈った。

「頑張って目立っていた。期待を込めて」(緒方監督)

 野手2人は内、外野のスーパーサブ的存在だが、投手3人は、いずれも高卒の若手有望株。広島のチーム関係者がこう言った。

「昨年はシーズン途中で中継ぎから転向した薮田が15勝3敗、2年目の岡田が12勝5敗で前年に引退した黒田の穴を埋め、リーグV2に貢献した。とはいっても、活躍したのは1年。まだ計算はできない。救援陣はさらに不安視されている。先発は野村、ジョンソン、大瀬良あたりが軸になるが、若手にチャンスがある状況ではある。ただ、監督が名前を挙げた3人に対しては、今年どうしても出てきて欲しいというほどの切羽詰まったものはない。チームが勝っている今のうちに、ノビシロのある高卒の若手を競わせ、数年後を見据えた育成をしようという球団方針です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る