• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

338日ぶり実戦では好投 松坂が無視する“ブルペンの魔法”

「投げさせてください」

 平成の怪物は首脳陣にそう直訴したという。

 26日、中日の松坂大輔投手(37)が韓国「ハンファ」との練習試合に三回から2番手で登板。昨年3月のオープン戦以来、338日ぶりとなった実戦で、1イニングを2者連続三振を含む3者凡退に片付け、最速は143キロを計測した。

 松坂のマークを続ける他球団スコアラーはこう言う。

「中日の(キャンプ地・北谷の)ブルペンはセ・リーグのどのチームよりも『反響』がいい。当然、ミットの音も良くなるし、投手も気持ち良く投げられる。だから中日の投手はついつい、予定よりも投げすぎてしまうこともある。松坂も、(ケガをした肩を)怖がって投げている割にはミットからいい音が出ていた。だからこそ、投げ込み好きの松坂がよくここまで球数をセーブしているなと思う。いつもの感じなら、もっと投げすぎているはずですよ。それだけ慎重にやっている証拠。ここまではそれが奏功していると思う」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  6. 6

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

もっと見る