338日ぶり実戦では好投 松坂が無視する“ブルペンの魔法”

公開日:

「投げさせてください」

 平成の怪物は首脳陣にそう直訴したという。

 26日、中日の松坂大輔投手(37)が韓国「ハンファ」との練習試合に三回から2番手で登板。昨年3月のオープン戦以来、338日ぶりとなった実戦で、1イニングを2者連続三振を含む3者凡退に片付け、最速は143キロを計測した。

 松坂のマークを続ける他球団スコアラーはこう言う。

「中日の(キャンプ地・北谷の)ブルペンはセ・リーグのどのチームよりも『反響』がいい。当然、ミットの音も良くなるし、投手も気持ち良く投げられる。だから中日の投手はついつい、予定よりも投げすぎてしまうこともある。松坂も、(ケガをした肩を)怖がって投げている割にはミットからいい音が出ていた。だからこそ、投げ込み好きの松坂がよくここまで球数をセーブしているなと思う。いつもの感じなら、もっと投げすぎているはずですよ。それだけ慎重にやっている証拠。ここまではそれが奏功していると思う」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  4. 4

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  9. 9

    小規模・家族経営を潰す安倍政権の時代錯誤な“新自由主義”

  10. 10

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

もっと見る