• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大谷に1年目の壁 滑る球の“処方箋”は実戦マウンドにあり

 二刀流右腕が1年目の壁にぶち当たっている。

 エンゼルス・大谷翔平(23)が、滑りやすいメジャー公認球への適応にてこずっているのだ。

 ここまで実戦は3試合(計7回)を投げ、2本塁打含む12安打、10失点(メキシカンリーグとの練習試合含む)。3戦合わせて4四死球と制球に苦しんでいる。

 直球やカーブ、スライダーが高めに浮いたり、引っかかってワンバウンドしたり。9日(日本時間10日)のメキシカンリーグ、対ティフアナ戦では2死球に暴投まで記録した。これまで多くの日本人投手が直面してきた難題に苦慮しているが、開幕まで残り2週間しかない。二刀流として、まずは先発ローテーションの一角に期待される大谷は、課題を解消し切れるのか。

 NHK・BS1の中継でティフアナ戦を解説した評論家の武田一浩氏は「まだ実戦で3試合しか投げていないだけに仕方がない」とこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る