大谷に1年目の壁 滑る球の“処方箋”は実戦マウンドにあり

公開日: 更新日:

 二刀流右腕が1年目の壁にぶち当たっている。

 エンゼルス・大谷翔平(23)が、滑りやすいメジャー公認球への適応にてこずっているのだ。

 ここまで実戦は3試合(計7回)を投げ、2本塁打含む12安打、10失点(メキシカンリーグとの練習試合含む)。3戦合わせて4四死球と制球に苦しんでいる。

 直球やカーブ、スライダーが高めに浮いたり、引っかかってワンバウンドしたり。9日(日本時間10日)のメキシカンリーグ、対ティフアナ戦では2死球に暴投まで記録した。これまで多くの日本人投手が直面してきた難題に苦慮しているが、開幕まで残り2週間しかない。二刀流として、まずは先発ローテーションの一角に期待される大谷は、課題を解消し切れるのか。

 NHK・BS1の中継でティフアナ戦を解説した評論家の武田一浩氏は「まだ実戦で3試合しか投げていないだけに仕方がない」とこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る