ベンチの信頼回復できず 阪神・藤浪は開幕二軍落ちへ“M1”

公開日:

 イライラする内容だった。

 阪神の藤浪は13日のヤクルトとのオープン戦に先発。四回途中までで被安打4、5四死球、6失点KOだった。

 セットポジションでの投球は初回から抜け球が目立ち、球数は二回までに50球を要した。三回以降は2度ぶつけて死球癖も“健在”。2失策の遊撃西岡に足を引っ張られたとはいえ、そういうときこそ、ベンチは何とか踏ん張り、ゲームを立て直して欲しいものだが、今の藤浪にその力はない。四回は西岡の失策直後に奥村へ死球を与え、上田に2点適時打を浴びた。制球面の課題を残したまま、島本にマウンドを譲った。

 藤浪は昨年4月のヤクルト戦で畠山の頭部にぶつけてからおかしくなった。死球への恐怖心から右打者の内角に投げられなくなり、制球難に拍車がかかった。トラウマの原因となった畠山がスタメン起用されていたら、結果はさらに悪かったかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る