指揮官は代役準備に着手 G坂本は“危うい状態”で一軍合流

公開日:

 巨人の坂本勇人(29)が14日のソフトバンク戦から一軍に合流する。12日に高橋由伸監督(42)が「福岡に来る予定でいる」と明かしていた。

 巨人のオープン戦のチーム打率は・260。課題だった打撃面はまずまずの数字が残っている。一方、9試合で12球団ブッ千切りでワーストの14失策。先週7日の試合では4つのエラーを犯し、村田ヘッド兼バッテリーコーチは「守備コーチとオレの胃に穴が開くわ」と吐き捨てていた。

 13日のソフトバンク戦でも、完全に併殺になる場面で二塁の田中俊が一塁へ悪送球。1アウトしか奪えずに先発ヤングマンの足を引っ張ると、最終回には投前へのセーフティーバントに、一塁の岡本がおびき出され、一塁ベースがガラ空きに(内野安打)。記録に表れないミスがボロボロ出ている。

 遊撃で2年連続ゴールデングラブ賞を獲得している守備の要・坂本勇が不在なのも、内野陣に安定感がない要因だ。主将は3日の試合に出たっきり、一軍本隊とは離れて調整している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る