• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

休日返上で練習 エンゼルス大谷“打撃フォーム改造”の狙い

 大谷翔平(23)の優れた打撃センスは、古巣の日本ハム時代から定評があった。

「何がスゴいかって、来るボールに対して、バットが最短距離で出ることだといいます。スイングの始動時に変なクセやムダな動きがなく、トップの状態からいきなりバットが出る。なので手元までボールを呼び込んで打つことができる。プロに入ってきた当時からそうだった。コーチ連中はみな、舌を巻いていた」とはさる日本ハムOBだ。

 その「手元までボールを呼び込める」はずの大谷が、メジャーで苦労している。12日(日本時間13日)現在、野手としてオープン戦(練習試合を除く)7試合に出場して18打数2安打(.111)、1打点。「きちんととらえる感じで振りにいってるのに(結果として)差し込まれてる。早くタイミングを合わせるテークバックの取り方が必要かもしれない」と話しているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る