• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

休日返上で練習 エンゼルス大谷“打撃フォーム改造”の狙い

 大谷翔平(23)の優れた打撃センスは、古巣の日本ハム時代から定評があった。

「何がスゴいかって、来るボールに対して、バットが最短距離で出ることだといいます。スイングの始動時に変なクセやムダな動きがなく、トップの状態からいきなりバットが出る。なので手元までボールを呼び込んで打つことができる。プロに入ってきた当時からそうだった。コーチ連中はみな、舌を巻いていた」とはさる日本ハムOBだ。

 その「手元までボールを呼び込める」はずの大谷が、メジャーで苦労している。12日(日本時間13日)現在、野手としてオープン戦(練習試合を除く)7試合に出場して18打数2安打(.111)、1打点。「きちんととらえる感じで振りにいってるのに(結果として)差し込まれてる。早くタイミングを合わせるテークバックの取り方が必要かもしれない」と話しているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

もっと見る