投打とも精彩欠き エンゼルス大谷の疲労蓄積を懸念する声

公開日: 更新日:

「ベーブ・ルース以来の二刀流」との触れ込みで渡米したエンゼルスの大谷翔平(23)が、投打とも苦労している。

 投げては滑りやすいメジャー公認球がいまだ手につかず、ボールがすっぽ抜けたり、逆に引っ掛かってワンバウンドしたり。打っては14日(日本時間15日)のインディアンス戦で2打数無安打1死球。動く速球で執拗に内角を攻められ、打率は1割ちょうどまで落ち込んだ。

 まだ、オープン戦。本人も言うように「結果より内容」が重要だ。結果を出すのは、あくまで開幕後で構わない。問題はコンディションだ。メジャーのキャンプやオープン戦はほとんど休みなし。オープン戦が終わっても、移動日が1日あるだけで開幕に突入する。新たな環境やスケジュールに慣れるだけでもしんどいうえ、大谷は二刀流だ。

 例えばこの日は、午前中にキャンプ地で投げ込みをした後、車で1時間かけて移動。野手として試合に出場した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

  10. 10

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

もっと見る