• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

投打とも精彩欠き エンゼルス大谷の疲労蓄積を懸念する声

「ベーブ・ルース以来の二刀流」との触れ込みで渡米したエンゼルスの大谷翔平(23)が、投打とも苦労している。

 投げては滑りやすいメジャー公認球がいまだ手につかず、ボールがすっぽ抜けたり、逆に引っ掛かってワンバウンドしたり。打っては14日(日本時間15日)のインディアンス戦で2打数無安打1死球。動く速球で執拗に内角を攻められ、打率は1割ちょうどまで落ち込んだ。

 まだ、オープン戦。本人も言うように「結果より内容」が重要だ。結果を出すのは、あくまで開幕後で構わない。問題はコンディションだ。メジャーのキャンプやオープン戦はほとんど休みなし。オープン戦が終わっても、移動日が1日あるだけで開幕に突入する。新たな環境やスケジュールに慣れるだけでもしんどいうえ、大谷は二刀流だ。

 例えばこの日は、午前中にキャンプ地で投げ込みをした後、車で1時間かけて移動。野手として試合に出場した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  9. 9

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る