練習試合で2連発 中央学院“二刀流”大谷拓海にプロ熱視線

公開日:

「二刀流」大谷が圧巻の2打席連続弾を放った。

 春夏通じて甲子園初出場を決めた中央学院(千葉)の「エースで4番」大谷拓海(2年)が13日、千葉・我孫子市内の同校グラウンドで行われた光明相模原(神奈川)との練習試合に「4番・右翼」で出場。中越えと右中間に放り込んで通算25号とした。

 投げては六回から救援登板。2イニングを投げ、2安打2三振無失点に抑えた。右投げ左打ち。名前が大谷ということで、「二刀流」が注目を集める。

 練習は投手6割、打者4割だというが、昨秋の明治神宮大会で神宮の左翼席に本塁打を流し打って「打」の方のプロの評価を上げた。視察した巨人の福王スカウトが「逆方向に飛ばせる。素材がいいのは間違いない」と絶賛すれば、別の球団のスカウトは「現段階では投打両方で見ているけど打撃の評価の方が高い」と話していた。

 打撃力を生かし、1年春から外野手として出場。花巻東時代の“本家”大谷(エンゼルス)は、12年センバツで大阪桐蔭の藤浪(阪神)から本塁打を放っている。

 こっちの大谷も聖地で足跡を残せるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る