練習試合で2連発 中央学院“二刀流”大谷拓海にプロ熱視線

公開日:

「二刀流」大谷が圧巻の2打席連続弾を放った。

 春夏通じて甲子園初出場を決めた中央学院(千葉)の「エースで4番」大谷拓海(2年)が13日、千葉・我孫子市内の同校グラウンドで行われた光明相模原(神奈川)との練習試合に「4番・右翼」で出場。中越えと右中間に放り込んで通算25号とした。

 投げては六回から救援登板。2イニングを投げ、2安打2三振無失点に抑えた。右投げ左打ち。名前が大谷ということで、「二刀流」が注目を集める。

 練習は投手6割、打者4割だというが、昨秋の明治神宮大会で神宮の左翼席に本塁打を流し打って「打」の方のプロの評価を上げた。視察した巨人の福王スカウトが「逆方向に飛ばせる。素材がいいのは間違いない」と絶賛すれば、別の球団のスカウトは「現段階では投打両方で見ているけど打撃の評価の方が高い」と話していた。

 打撃力を生かし、1年春から外野手として出場。花巻東時代の“本家”大谷(エンゼルス)は、12年センバツで大阪桐蔭の藤浪(阪神)から本塁打を放っている。

 こっちの大谷も聖地で足跡を残せるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る