古巣相手に5四死球 それでも二軍に落とせない松坂の集客力

公開日: 更新日:

 14日、中日の松坂(37)が古巣西武相手のオープン戦に先発した。

 初回、適時打で失点すると、三回はまさに独り相撲。無死一、二塁になると投ゴロ野選で、満塁。満塁の場面で浅村を併殺に打ち取るも1点を失った。続く山川、外崎に2者連続死球を与え、再び満塁に。木村を中飛に仕留め、この回でマウンドを降りた。終わってみれば3回3安打2失点。毎回の四球を含む5四死球と散々な結果だった。

 松坂はこの日がオープン戦2試合目。前回4日の楽天戦では2回2失点で四死球はゼロ。だからといって、課題の制球力が改善したわけではなかったようだ。

 メディアはキャンプ中から「開幕ローテ入りも!」と騒いでいるが、現在の松坂に多くを期待できないことぐらいは誰でもわかる。しかし、かつて一世を風靡した人気は捨てがたい。スポーツマスコミも何とかかつての「怪物」で商売しようという魂胆なのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る