• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

古巣相手に5四死球 それでも二軍に落とせない松坂の集客力

 14日、中日の松坂(37)が古巣西武相手のオープン戦に先発した。

 初回、適時打で失点すると、三回はまさに独り相撲。無死一、二塁になると投ゴロ野選で、満塁。満塁の場面で浅村を併殺に打ち取るも1点を失った。続く山川、外崎に2者連続死球を与え、再び満塁に。木村を中飛に仕留め、この回でマウンドを降りた。終わってみれば3回3安打2失点。毎回の四球を含む5四死球と散々な結果だった。

 松坂はこの日がオープン戦2試合目。前回4日の楽天戦では2回2失点で四死球はゼロ。だからといって、課題の制球力が改善したわけではなかったようだ。

 メディアはキャンプ中から「開幕ローテ入りも!」と騒いでいるが、現在の松坂に多くを期待できないことぐらいは誰でもわかる。しかし、かつて一世を風靡した人気は捨てがたい。スポーツマスコミも何とかかつての「怪物」で商売しようという魂胆なのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  4. 4

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る