8試合で単打3本…阪神ロサリオは「本塁打40本」打てるのか

公開日:

 オープン戦の結果で一喜一憂することはないが、それにしてもだろう。

 阪神は14日のヤクルト戦も2―3で敗れ、オープン戦10試合で1勝8敗1分けの最下位。開幕一軍の戦力を見極める時期で、金本監督もこの成績を重くみてはいない。問題は、この日も3タコに終わった新大砲のロサリオ(29)だ。ここまで8試合に出場し、20打数3安打2打点6三振(打率.150)。3本のヒットも単打で、キャンプ時の豪快な打撃は影を潜めている。

 昨年まで在籍した韓国・ハンファでは2年間で70本塁打。打率、打点も、2年連続で.320、111以上をマーク。年俸3億4000万円+出来高の1年契約で阪神に入団。金本監督は早々に「4番・一塁」を決めて、3割、30本、100打点以上を期待している。

 韓国経由で日本球界にやってきた大砲といえば、横浜(現DeNA)、中日で活躍したT・ウッズが記憶に新しい。韓国トゥサン時代は5年間で174本塁打(年平均34.8本)を記録。2003年に横浜入りすると、40本、45本と打ちまくり、2年連続でタイトルを取った。05年から中日へ移籍しても4年間で155本(同平均38.75本)も打ち、06年のリーグ優勝と翌年の日本一に貢献したが、ある球界OBは「ウッズがいた当時とは状況が異なる」といって、こう続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  3. 3

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る