8試合で単打3本…阪神ロサリオは「本塁打40本」打てるのか

公開日: 更新日:

 オープン戦の結果で一喜一憂することはないが、それにしてもだろう。

 阪神は14日のヤクルト戦も2―3で敗れ、オープン戦10試合で1勝8敗1分けの最下位。開幕一軍の戦力を見極める時期で、金本監督もこの成績を重くみてはいない。問題は、この日も3タコに終わった新大砲のロサリオ(29)だ。ここまで8試合に出場し、20打数3安打2打点6三振(打率.150)。3本のヒットも単打で、キャンプ時の豪快な打撃は影を潜めている。

 昨年まで在籍した韓国・ハンファでは2年間で70本塁打。打率、打点も、2年連続で.320、111以上をマーク。年俸3億4000万円+出来高の1年契約で阪神に入団。金本監督は早々に「4番・一塁」を決めて、3割、30本、100打点以上を期待している。

 韓国経由で日本球界にやってきた大砲といえば、横浜(現DeNA)、中日で活躍したT・ウッズが記憶に新しい。韓国トゥサン時代は5年間で174本塁打(年平均34.8本)を記録。2003年に横浜入りすると、40本、45本と打ちまくり、2年連続でタイトルを取った。05年から中日へ移籍しても4年間で155本(同平均38.75本)も打ち、06年のリーグ優勝と翌年の日本一に貢献したが、ある球界OBは「ウッズがいた当時とは状況が異なる」といって、こう続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  9. 9

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る