• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

センバツ21世紀枠 由利工はエース右腕・佐藤の粘りが武器

 センバツに21世紀枠で初出場する由利工(秋田)が14日、沖縄合宿を終えて大阪入りした。現地では、強豪の興南などと腕試しを6試合行った。

 注目は最速142キロ右腕のエース佐藤亜蓮(2年)だ。興南戦は5回で8三振を奪い1失点。沖縄水産には3回1失点、宜野湾戦は5回無失点と好調をキープしている。

「中学時代、地元では有名な投手だったけど、佐藤の父が由利工OBという縁で入学。1年春からベンチ入りして秋から背番号1の絶対的エースです。この冬はウエートトレーニングなどで体重が5キロアップして79キロ。球速もアップしているかもしれない。でも、彼が投げない試合はボロボロになるので、良くも悪くも佐藤次第のチームです」(スポーツ紙記者)

 昨秋、創部56年目で初出場した東北大会初戦(2回戦)の弘前東(青森)戦で九回に3点を奪い逆転勝ち。準々決勝で花巻東(岩手)に2―4で惜敗したものの、堂々の8強入りを果たした。

 部員41人のほぼ全員が地元出身。大黒柱の佐藤を中心に、粘りとチームワークで聖地1勝を狙う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    5歳児虐待死も 連れ子のいる女性が再婚相手の子を望む心理

  3. 3

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

  6. 6

    目黒5歳女児も 学歴コンプレックスの親がハマる“教育虐待”

  7. 7

    金融緩和継続 欧米と金利差拡大で円&国債大暴落の現実味

  8. 8

    織田裕二のひと言で消えた「東京ラブストーリー」続編計画

  9. 9

    公式本も発売 空前ブーム「おっさんずラブ」に続編あるか

  10. 10

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

もっと見る