• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

センバツ21世紀枠 由利工はエース右腕・佐藤の粘りが武器

 センバツに21世紀枠で初出場する由利工(秋田)が14日、沖縄合宿を終えて大阪入りした。現地では、強豪の興南などと腕試しを6試合行った。

 注目は最速142キロ右腕のエース佐藤亜蓮(2年)だ。興南戦は5回で8三振を奪い1失点。沖縄水産には3回1失点、宜野湾戦は5回無失点と好調をキープしている。

「中学時代、地元では有名な投手だったけど、佐藤の父が由利工OBという縁で入学。1年春からベンチ入りして秋から背番号1の絶対的エースです。この冬はウエートトレーニングなどで体重が5キロアップして79キロ。球速もアップしているかもしれない。でも、彼が投げない試合はボロボロになるので、良くも悪くも佐藤次第のチームです」(スポーツ紙記者)

 昨秋、創部56年目で初出場した東北大会初戦(2回戦)の弘前東(青森)戦で九回に3点を奪い逆転勝ち。準々決勝で花巻東(岩手)に2―4で惜敗したものの、堂々の8強入りを果たした。

 部員41人のほぼ全員が地元出身。大黒柱の佐藤を中心に、粘りとチームワークで聖地1勝を狙う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  10. 10

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

もっと見る