センバツ前に長期遠征2度 駒大苫小牧は“外”がキーワ-ド

公開日:

 23日に開幕するセンバツ甲子園に出場する駒大苫小牧(北海道)が12日、約1週間の直前合宿を行う滋賀に入った。13日に比叡山高とのダブルヘッダーを行い、関西の強豪校と開幕までに7試合。19日に大阪入りする予定だ。

 2月には鹿児島・種子島でメンバー入りをかけたサバイバル合宿を10日間行い、紅白戦で実戦感覚を磨いた。雪国の代表校の多くは、センバツ前に温暖な地で合宿を行う。今回の出場校では花巻東(岩手)が2月に東京、今月に入って関西に遠征しているが、2、3月に2度も長期遠征を行うのは珍しい。

 横浜高の元コーチ・小倉清一郎氏は「北海道、東北、北信越などの代表校は暖かい地へ直前合宿に出掛けることが多い。最近はこれが長期間に及ぶこともある。こういう思い切った遠征は、雪の影響で自前のグラウンドが使えない寒冷地にある学校の方が積極的。調整に差が出るし、最近はハンディどころか、有利に働くこともあります」と、その効果を指摘している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る