センバツ前に長期遠征2度 駒大苫小牧は“外”がキーワ-ド

公開日:

 23日に開幕するセンバツ甲子園に出場する駒大苫小牧(北海道)が12日、約1週間の直前合宿を行う滋賀に入った。13日に比叡山高とのダブルヘッダーを行い、関西の強豪校と開幕までに7試合。19日に大阪入りする予定だ。

 2月には鹿児島・種子島でメンバー入りをかけたサバイバル合宿を10日間行い、紅白戦で実戦感覚を磨いた。雪国の代表校の多くは、センバツ前に温暖な地で合宿を行う。今回の出場校では花巻東(岩手)が2月に東京、今月に入って関西に遠征しているが、2、3月に2度も長期遠征を行うのは珍しい。

 横浜高の元コーチ・小倉清一郎氏は「北海道、東北、北信越などの代表校は暖かい地へ直前合宿に出掛けることが多い。最近はこれが長期間に及ぶこともある。こういう思い切った遠征は、雪の影響で自前のグラウンドが使えない寒冷地にある学校の方が積極的。調整に差が出るし、最近はハンディどころか、有利に働くこともあります」と、その効果を指摘している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  9. 9

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  10. 10

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

もっと見る