• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

センバツ前に長期遠征2度 駒大苫小牧は“外”がキーワ-ド

 23日に開幕するセンバツ甲子園に出場する駒大苫小牧(北海道)が12日、約1週間の直前合宿を行う滋賀に入った。13日に比叡山高とのダブルヘッダーを行い、関西の強豪校と開幕までに7試合。19日に大阪入りする予定だ。

 2月には鹿児島・種子島でメンバー入りをかけたサバイバル合宿を10日間行い、紅白戦で実戦感覚を磨いた。雪国の代表校の多くは、センバツ前に温暖な地で合宿を行う。今回の出場校では花巻東(岩手)が2月に東京、今月に入って関西に遠征しているが、2、3月に2度も長期遠征を行うのは珍しい。

 横浜高の元コーチ・小倉清一郎氏は「北海道、東北、北信越などの代表校は暖かい地へ直前合宿に出掛けることが多い。最近はこれが長期間に及ぶこともある。こういう思い切った遠征は、雪の影響で自前のグラウンドが使えない寒冷地にある学校の方が積極的。調整に差が出るし、最近はハンディどころか、有利に働くこともあります」と、その効果を指摘している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る