• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

センバツ前に長期遠征2度 駒大苫小牧は“外”がキーワ-ド

 23日に開幕するセンバツ甲子園に出場する駒大苫小牧(北海道)が12日、約1週間の直前合宿を行う滋賀に入った。13日に比叡山高とのダブルヘッダーを行い、関西の強豪校と開幕までに7試合。19日に大阪入りする予定だ。

 2月には鹿児島・種子島でメンバー入りをかけたサバイバル合宿を10日間行い、紅白戦で実戦感覚を磨いた。雪国の代表校の多くは、センバツ前に温暖な地で合宿を行う。今回の出場校では花巻東(岩手)が2月に東京、今月に入って関西に遠征しているが、2、3月に2度も長期遠征を行うのは珍しい。

 横浜高の元コーチ・小倉清一郎氏は「北海道、東北、北信越などの代表校は暖かい地へ直前合宿に出掛けることが多い。最近はこれが長期間に及ぶこともある。こういう思い切った遠征は、雪の影響で自前のグラウンドが使えない寒冷地にある学校の方が積極的。調整に差が出るし、最近はハンディどころか、有利に働くこともあります」と、その効果を指摘している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<下>

  9. 9

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  10. 10

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

もっと見る