投で結果出ず…エンゼルス大谷は球速への執着が最大課題

公開日:  更新日:

「本来の姿に近づいている」

 エンゼルスのソーシア監督は、大谷翔平(23)についてこう言った。

 日本時間17日のロッキーズ戦は2回途中7失点の大炎上で、予定されていた75球に満たないうちに降板した。

 ここまで実戦4試合に先発、8回3分の1を投げて19安打、6四死球、17失点、19奪三振。結果が出ず、米メディアからは「マイナーで開幕を迎えるべき」との厳しい指摘も出始めているが、指揮官は「才能を信じている」とこれを一蹴。初回を2奪三振で無失点に抑えたことを評価している。

 エプラーGMも同様だ。現時点ではトータルの成績で判断をせず、「大部分の投球はストライクゾーン付近に来ている。四球率、ストライク率、空振り率を重視している」と語っている。四球に限れば3個のみで、奪三振率は「20・60」と高い数字を残していることを評価。打者も含めて二刀流を継続した状態での開幕メジャーを視野に入れているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  7. 7

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

もっと見る