• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

投で結果出ず…エンゼルス大谷は球速への執着が最大課題

「本来の姿に近づいている」

 エンゼルスのソーシア監督は、大谷翔平(23)についてこう言った。

 日本時間17日のロッキーズ戦は2回途中7失点の大炎上で、予定されていた75球に満たないうちに降板した。

 ここまで実戦4試合に先発、8回3分の1を投げて19安打、6四死球、17失点、19奪三振。結果が出ず、米メディアからは「マイナーで開幕を迎えるべき」との厳しい指摘も出始めているが、指揮官は「才能を信じている」とこれを一蹴。初回を2奪三振で無失点に抑えたことを評価している。

 エプラーGMも同様だ。現時点ではトータルの成績で判断をせず、「大部分の投球はストライクゾーン付近に来ている。四球率、ストライク率、空振り率を重視している」と語っている。四球に限れば3個のみで、奪三振率は「20・60」と高い数字を残していることを評価。打者も含めて二刀流を継続した状態での開幕メジャーを視野に入れているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事