• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

投で結果出ず…エンゼルス大谷は球速への執着が最大課題

「本来の姿に近づいている」

 エンゼルスのソーシア監督は、大谷翔平(23)についてこう言った。

 日本時間17日のロッキーズ戦は2回途中7失点の大炎上で、予定されていた75球に満たないうちに降板した。

 ここまで実戦4試合に先発、8回3分の1を投げて19安打、6四死球、17失点、19奪三振。結果が出ず、米メディアからは「マイナーで開幕を迎えるべき」との厳しい指摘も出始めているが、指揮官は「才能を信じている」とこれを一蹴。初回を2奪三振で無失点に抑えたことを評価している。

 エプラーGMも同様だ。現時点ではトータルの成績で判断をせず、「大部分の投球はストライクゾーン付近に来ている。四球率、ストライク率、空振り率を重視している」と語っている。四球に限れば3個のみで、奪三振率は「20・60」と高い数字を残していることを評価。打者も含めて二刀流を継続した状態での開幕メジャーを視野に入れているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  5. 5

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  6. 6

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  7. 7

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る