6年ぶりにイチロー再獲得 古巣マリナーズのしたたか商法

公開日:

「宣伝効果は絶大でしょう」

 米メディア関係者がこう言うのは、イチロー(44)を獲得したマリナーズのことだ。

 2012年以来6年ぶりとなるイチローの古巣復帰は、日本はもちろん、全米でも大きく報じられた。8日の会見には50人以上の報道陣が詰めかけ、全国紙の「USA TODAY」(電子版)は「2001年の再現のように迎え入れられた」と報じた。正式発表前からマリナーズのロッカールームには、イチロー用のロッカーとユニホームが準備されているのを報道陣が目撃していた。

 前出の米メディア関係者が続ける。

「イチローの契約は1年75万ドル(約8000万円)、出来高を含めて最大で200万ドル(約2億1000万円)と格安。マリナーズは現時点で起用法は未定とし、イチロー側から熱心な売り込みがあったことを認めている。確実な戦力として計算しているとは思えない。野手にケガ人が続出していなければ、獲得したかどうかは微妙なところです。昨季はわずか1盗塁で、01年のメジャーデビュー年から継続していた2ケタ盗塁の記録は途切れるなど、すでに全盛期の力はない。それでも獲得したのは、イチローの持つ発信力を評価したから。復帰が決まっただけで大騒ぎとなり、今後も注目を集める。イチローの年俸分は記者会見の行われた1日だけで元が取れたなどという記者もいました。今後も利益が得られる可能性があります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る