• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

7安打7失点で開幕へ不安 エンゼルス大谷は“突貫工事”急務

 エンゼルスの大谷翔平(23)が日本時間17日、ロッキーズとのオープン戦に先発した。

 初回は得点圏に走者を背負うも、中軸を打ち取ってピンチを切り抜けた。

 しかし二回、先頭のデズモンドに2ボールからカウントを取りにいった速球を左翼場外へ被弾すると、ボールを制御できなくなった。死球のあとに4連打され、15~16年ナ・リーグ本塁打王のアレナドに痛恨の3ランを浴びた。弾丸ライナーで左翼へ飛んでいく打球を追うことさえできなかった。

 4番ストーリーを三振に仕留めたところでソーシア監督がマウンドへ。この回だけで30球を要していたため、予定としていた75球に満たない50球で無念の降板となった。速球はメジャー移籍後最速となる158キロをマークしたが、自己最悪の二回途中7安打7失点で開幕に不安を残した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事