大谷エ軍入りの真相判明 ソーシア監督“長期政権”が決定打

公開日:

 米30球団の中からなぜエンゼルスを選んだのか――。

 二刀流で米球界の注目を集める大谷翔平(23)に関して、いまだベールに包まれている謎のひとつがこれだ。

 本人は「何か縁みたいなもの」「感覚的なもの」「フィーリングが合った」「理屈ではなく直感でくるもの」などと言っているが、フィーリングや直感だけで、今後の選手生命を左右しかねない選択をするとは思えない。「日本人選手のいない球団」や「二刀流を続けられる球団」を望んでいるとウワサされたものの、条件に該当するのはエンゼルスに限らない。

 大谷と親しい関係者によれば、エンゼルス入りにはしかるべき理由があるという。

「ズバリ、ソーシア監督ですよ」と、この関係者がこう続ける。

「2002年のワールドシリーズを制したソーシア監督は今年が就任19年目。これまで何人ものGMが成績不振の責任を取らされてクビになったが、それでもチームの指揮を執り続けている。モレノ・オーナーの信頼がとてつもなく厚いからです。そうやって長期政権を維持しているだけに、大谷は自分がプレーするであろう今後6年間もソーシア監督は安泰、自分も長い目で見てもらえると判断した。まだ投打とも未完成、辛抱強く使ってもらえなければメジャーで二刀流を貫くのは難しいと考えたのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る