4強で逆転負け東海大相模に“清宮超え”のスーパー1年生

公開日:

 東の横綱・東海大相模(神奈川)が準決勝で散った。

 智弁和歌山に六回まで5点をリードしながら逆転負け。門馬敬治監督(48)は「選手は悪くない。負けたら監督の責任」と悔しがったが、この4月には心待ちにしていた「大物ルーキー」が入学する。

 強豪・佐倉シニアの主砲・西川僚祐だ。すでに185センチ、90キロの堂々たる体格を誇る。昨夏、全国制覇したジャイアンツカップ決勝では、東京ドームで逆方向へ本塁打。視察した巨人の高橋由伸監督を驚かせているのだ。

「清宮以上」の呼び声が高く、同校OBは「西川は1年夏から4番の可能性がある。夏は3番の森下と中軸を張っているかもしれません。門馬監督はそれほど期待していますよ」と言う。

 この日は10―12と打ち負けたものの、100回記念大会の夏は、さらに打線が強力になりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る