4強で逆転負け東海大相模に“清宮超え”のスーパー1年生

公開日:

 東の横綱・東海大相模(神奈川)が準決勝で散った。

 智弁和歌山に六回まで5点をリードしながら逆転負け。門馬敬治監督(48)は「選手は悪くない。負けたら監督の責任」と悔しがったが、この4月には心待ちにしていた「大物ルーキー」が入学する。

 強豪・佐倉シニアの主砲・西川僚祐だ。すでに185センチ、90キロの堂々たる体格を誇る。昨夏、全国制覇したジャイアンツカップ決勝では、東京ドームで逆方向へ本塁打。視察した巨人の高橋由伸監督を驚かせているのだ。

「清宮以上」の呼び声が高く、同校OBは「西川は1年夏から4番の可能性がある。夏は3番の森下と中軸を張っているかもしれません。門馬監督はそれほど期待していますよ」と言う。

 この日は10―12と打ち負けたものの、100回記念大会の夏は、さらに打線が強力になりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る