• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日本航空石川・中村監督が明かす 部員100人との寮生活

 30日に登場する日本航空石川(石川)を率いる中村隆監督(33=社会科教諭)は、神戸弘陵高から明大を経て、2015年9月に就任した。パイロットや航空整備士の養成を目的に設立された同校で、昨年まで「寮監」を務めた中村監督がこう言う。

「(山梨キャンパスを含めて)日本で唯一『航空科』があります。パイロット、整備士、CAなど、航空業界への就職を目指す生徒が多い。他にはない高校です」

 食堂、浴室、売店もある近代的な4階建ての男子寮と女子寮がある。ホームページによれば、寮では北は北海道から南は沖縄出身まで715人が暮らしているという。

「寮は大きいですよ。今年から担任を持ったので、もう違いますが、昨年まで10年間ほど寮監を務めました。当直だったり日勤だったり、シフト制ですが、週2回ほどは泊まっていました。といっても、野球部の子を預かっていますので、今でも寮で一緒に住んでいます。金沢に自宅がありますが、帰るのは週1回です。野球部員は約100人。ほぼ寮生活です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事